スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型フリード3列シート車で車中泊

ホンダフリードの3列シート車では新旧モデルとも車中泊は厳しいと言われていますが、実は新型はかなりの車中泊性能。
ポイントはシートアレンジとカーテン。

まずはシートアレンジについて。
いろいろ試した結果、取説には無い裏アレンジを発見!
やり方はフラットにした2列目と背もたれを畳んだ3列目を繋げるというもの。
IMG_20170508_213025.jpg IMG_20170508_212610.jpg

これでスペース全長2100mmとなり、フリードプラスの最長モードも上回ります。
この時3列目のヘッドレストを外すと背もたれをより深く折り畳めるので平坦度がアップ。
IMG_20170509_123501.jpg
背もたれ裏面はやや硬いのでクッション等を敷くとよいでしょう。
前後端のスキマは荷物等で埋めます。

通常の2,3列目フラットモードでも、1列目を一杯まで前に出せば身長173cmで身体を伸ばして寝れます。
シートの段差は多少埋めればOKなレベル。
IMG_20170508_212019.jpg IMG_20170508_212130.jpg

車中泊の頻度が低くて6人乗れればよいなら、キャプテンシート車は走行時のホールド性が良く、前後スライド量も多く、ウォークスルーもできるので快適。
しかし車中泊を重視するなら7人乗りの方が平坦な2列目シートで寝返りがうちやすいでしょう。



それから車中泊の重要アイテムであるカーテンの取り付けについて。
一列目後のセンターカーテンと、出来れば2列目サイドウインドウにも欲しいところ。
サッと閉められるカーテンは広いリアシートで休憩する時にも役立ちます。
問題はレールの固定。
内装材は繊維を樹脂で固めたような柔らかい物なので、直接ネジを打っても全く効きません。
そこで薄板用の樹脂アンカーを使います。
(ホームセンターで売ってます。)
IMG_20170507_001204.jpg IMG_20170507_001253.jpg

これで内装材にしっかり固定できます。
レールを当てながらマチ針で位置決め。
位置が決まったら覚悟を決め(?)、ペンでマーキングして穴開け。
まずは2mm位の細いドリルから2〜3回に分けて拡大していきますが、相手が柔らかいのでドリル手持ちで穴が開きます。
この時、固定に使用するネジが長すぎるとボディ外板に当たっちゃうので要注意!
マチ針で位置決めと同時に内装裏側のスペースも確認し、使用するネジを決めます。
使用するアンカーによりますが、ある程度の長さのネジで裏のツメを押し広げてやらないとアンカーとして効きません。
今回はM4x20の並目ビスを使用。

カーテン自体は汎用の物がいろいろとあるのでどうにでもなると思いますが、今回は乗り換え前のエスティマエミーナ(平成7年式)から移植。
20年以上前の物ですがしっかりしてます。
レールはアルミ製なので内装形状に沿って手で曲げました。
センターカーテンの中央付近は内装材に支えが無いように見えますが、室内灯部分で固定支持されているので問題なし。
サイドはネジレも入れてギリギリまで外側へ。
エミーナから取外したホックベースはネジ一体型で、樹脂部分に固定。

3列目サイドの小窓は紙で型取りして100均の黒色カラーボードで着脱式のフタを製作。
リアウインドウは100均のサンシェード等で簡単に塞げるのでよしとします。

あと天井のクリップ穴に樹脂アンカーを打って鉄レールを固定し、マグネット付きの乾電池式LEDライトを追加。
スポンサーサイト

ビンディングペダルの効果 パート2

ビンディングペダル導入から半年経った所でハーフクリップに戻してみたところ・・・

これはもう非固定には戻れないかも、上昇側でペダルから足が離れないよう微調整するのがそうとう面倒に感じます。

またペダルと足が離れないよう上昇側でも僅かにペダルに力を掛ける必要があるのでパワーロスになります。

巡航速度で1km/h位は違いそう。

エアロバー装着

2万円ロードバイク、グランディール号にエアロバー(アマゾンで¥1490)を装着。
空気抵抗が小さくなり、向かい風だと同じ力で漕いでもスピードが1~2km/hはUPする感じなのでコスパは抜群。
樹脂のアームレストは割れやすいようなので取り付けボルトはネジロック少量塗ってほどほどに締めました。
IMG_20170213_123307s.jpg IMG_20170213_123413s.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

タイヤ交換

2万円ロードバイクのタイヤを標準の28Cから軽量な25Cに交換。

独Continental社製 「UltraSport2」タイヤ&チューブ各2本セットで¥5680

ノーマルの肉厚ワイヤービードに比べると前後タイヤ&チューブで700g以上の軽量化。
(タイヤ585→264g/1本、チューブ139→103g/1本)

以前変えたサドル、スタンドと併せて車重はノーマルの14.6kgから、13.5kgに。

交換作業は初めてのケブラービードということで、購入後使った事がなかったタイヤレバーのお世話になりつつ何とか完了。

で乗ってみた感想は・・・あんまり変わらない。

「今までより一枚高いギヤで普通に回せる!」なんて事はない。
(ギヤ一枚上げて同じように回せたら平均速度が2〜3km/h上がる事になりますが)

回転するホイールの最外周部が軽量化された事で加速は軽くなるかと思いましたが、体感的にそこまで変わった感じはしません。
(平地でストップ&ゴーが無いなら、重いホイールに溜め込んだ回転エネルギーはあまり無駄にはならないはず)

ログを見てもタイム的には交換前とほぼ同じ。

やはり平地の巡航速度と重量はあまり関係ないのかな?

ノーマルタイヤではタイヤを外すときブレーキ開放レバーだけでは足りず調整ネジまで使ってシューを擦りながらやっと外していたのが普通にレバーだけで外れるようになったのは○。

また構造がしなやかで、適度なエア圧を保てば乗り心地は良好。
ただしスイートスポットを保つにはマメなエア補充が必要。

しかしスピードへの影響がこの程度なら、通勤用途では分厚いノーマルタイヤの耐パンク性を取るかなぁ。

あと白いバーテープの汚れが気になり始めたのと、黒くなったタイヤとのマッチングもあり、黒に交換。
IMG_20161116_123547_1.jpg IMG_20161217_123056_1.jpg IMG_20170105_123406_1.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : ロードバイク

心拍数&ケイデンス対応の激安サイコン

2万円ロードバイクにサイコンを導入。
心拍数とケイデンスが計れるモデルは安くても8千円以上で自転車の価格を考えると躊躇してたんですが、安いのを発見!
LIXADAというメーカーの物で、アマゾンにて¥2530。
IMG_20161106_212350.jpg
注文から10日程ではるばるドイツから到着。
数少ない商品レビューで破損やハズレが報告されていたので心配しましたが、手元に届いた物は幸い大丈夫でした。
取り付けは特に難しい事もなく1時間ほどで完了。
IMG_20161106_234405.jpg IMG_20161106_234554.jpg
スポークとペダルに付けたマグネットの通過間隔でそれぞれの回転数を計測。
それに胸にベルトで巻いたセンサーで心拍数を計測。
データは電波で転送されハンドル上のディスプレイに表示される仕組み。
機能的にはこの値段で心拍数とケイデンスが普通に見れるので文句なし。
バックライトの常時点灯とか、スマホとペアリングしてログを取ったりといった事は出来ませんが、さすがにその辺は高級機に任せましょう。
リアルタイムで心拍数が分かると、スピードやタイムと併せて自分の身体能力をより正確に分析できます。
またケイデンス表示機能のおかげで速度とギヤポジションから暗算しなくても良くなりました。
心拍計は完全に乾いていると反応しません。
ちょっと走って汗をかくと反応し始めますが、最初に水か保湿クリーム等を塗っとけばOK。

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

*

全ての記事を表示する

プロフィール

Kei寅

Author:Kei寅
King3エアーウルフ、小型発泡機、デコパネ機等の空物ラジコンで遊んでます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。