スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイヤ交換

2万円ロードバイクのタイヤを標準の28Cから軽量な25Cに交換。

独Continental社製 「UltraSport2」タイヤ&チューブ各2本セットで¥5680

ノーマルの肉厚ワイヤービードに比べると前後タイヤ&チューブで700g以上の軽量化。
(タイヤ585→264g/1本、チューブ139→103g/1本)

以前変えたサドル、スタンドと併せて車重はノーマルの14.6kgから、13.5kgに。

交換作業は初めてのケブラービードということで、購入後使った事がなかったタイヤレバーのお世話になりつつ何とか完了。

で乗ってみた感想は・・・あんまり変わらない。

「今までより一枚高いギヤで普通に回せる!」なんて事はない。
(ギヤ一枚上げて同じように回せたら平均速度が2〜3km/h上がる事になりますが)

回転するホイールの最外周部が軽量化された事で加速は軽くなるかと思いましたが、体感的にそこまで変わった感じはしません。
(平地でストップ&ゴーが無いなら、重いホイールに溜め込んだ回転エネルギーはあまり無駄にはならないはず)

ログを見てもタイム的には交換前とほぼ同じ。

やはり平地の巡航速度と重量はあまり関係ないのかな?

ノーマルタイヤではタイヤを外すときブレーキ開放レバーだけでは足りず調整ネジまで使ってシューを擦りながらやっと外していたのが普通にレバーだけで外れるようになったのは○。

また構造がしなやかで、適度なエア圧を保てば乗り心地は良好。
ただしスイートスポットを保つにはマメなエア補充が必要。

しかしスピードへの影響がこの程度なら、通勤用途では分厚いノーマルタイヤの耐パンク性を取るかなぁ。

あと白いバーテープの汚れが気になり始めたのと、黒くなったタイヤとのマッチングもあり、黒に交換。
IMG_20161116_123547_1.jpg IMG_20161217_123056_1.jpg IMG_20170105_123406_1.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : ロードバイク

心拍数&ケイデンス対応の激安サイコン

2万円ロードバイクにサイコンを導入。
心拍数とケイデンスが計れるモデルは安くても8千円以上で自転車の価格を考えると躊躇してたんですが、安いのを発見!
LIXADAというメーカーの物で、アマゾンにて¥2530。
IMG_20161106_212350.jpg
注文から10日程ではるばるドイツから到着。
数少ない商品レビューで破損やハズレが報告されていたので心配しましたが、手元に届いた物は幸い大丈夫でした。
取り付けは特に難しい事もなく1時間ほどで完了。
IMG_20161106_234405.jpg IMG_20161106_234554.jpg
スポークとペダルに付けたマグネットの通過間隔でそれぞれの回転数を計測。
それに胸にベルトで巻いたセンサーで心拍数を計測。
データは電波で転送されハンドル上のディスプレイに表示される仕組み。
機能的にはこの値段で心拍数とケイデンスが普通に見れるので文句なし。
バックライトの常時点灯とか、スマホとペアリングしてログを取ったりといった事は出来ませんが、さすがにその辺は高級機に任せましょう。
リアルタイムで心拍数が分かると、スピードやタイムと併せて自分の身体能力をより正確に分析できます。
またケイデンス表示機能のおかげで速度とギヤポジションから暗算しなくても良くなりました。
心拍計は完全に乾いていると反応しません。
ちょっと走って汗をかくと反応し始めますが、最初に水か保湿クリーム等を塗っとけばOK。

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

VR対応&360°指紋認証の格安スマホ Vernee Apollo Light レビュー

格安機Priori2は音声通話時のマイク感度に問題があり、1年半使って買い替えとなりました。

今回はVR対応(ジャイロセンサ付き)と指紋認証機能付きのモデルから選定。

で、我が家にやって来たのがコレ、「Vernee Apollo Lite」

IMG_20161019_234243.jpg IMG_20161019_234347.jpg


購入時点ではアマゾンで¥25900。
(コレ書いてる時点で¥27900)

音声はPriori2と違い大きく聞こえます、やはりMVNO回線の問題ではなく端末の問題だったようです。

指紋認証はワンタッチでロックが解除できる便利アイテムで最近格安機種にも装備されるようになってきましたが、360°でないタイプは認識ミスが多く実用に耐えない物もあるようです。

本機の物はフリップカバーの穴越しでも1〜2回で認識してくれるので性能は十分で非常に便利。



VR(仮想現実)ゴーグルを使用してVRを楽しむには基本的にジャイロセンサーが必要ですが、本機はジャイロセンサー搭載なのでバッチリ動作しました。

YoutubeのVRモードやVR ゲームなど、ステレオ立体視と首の動きによる視点移動を合わせた仮想現実が楽しめます。

ホラーゲームとかは夜中に一人でやるとマジで怖いです。

ちなみに使用しているVRゴーグルはコチラ

視力矯正幅が大きく、0.1の近視でもメガネ無しでOK。

カバーはやや黒い透明でカメラ使用のアプリも使用可。

ただしレビューにあるように、レンズが目に当たります。
(近視矯正方向に大きく調整すると当たらなくなります)

購入時点ではアマゾンで¥999。
(コレ書いてる時点では¥1999)

IMG_20161020_001319.jpg


USBでPCに繋いでデータファイルのやり取りをしようとしたところ初期状態ではPCが認識してくれませんでしたが、ググって「USBデバッグモード」をONにすると認識しました。

電池容量は3180mAhとほどほどで、チョコチョコとネットやメールを見る程度なら2、3日は持ちます。

一部の格安機種見られると噂の勝手にシャットダウンみたいな悪癖はなく、Wifiやiijmio回線の接続も問題無し。

発熱はアルミボディが放熱を助けているのもあるのか、ゲームや動画使用時でも温かい程度。

同梱されている日本仕様充電機は100均レベルの物で、本機の急速充電能力2500mAに対して完全に能力不足なので要注意。

出力2000mAとの表示ですがアプリで測ると電流値は450mA程度しか流れてません。

Priori2(2年前のローエンド機種)付属の充電器でも2900mAくらい流れるんですけど・・・
(まあPriori2は端末側の能力により、どんな充電器に繋いでも670mA止まりなんですが)

あとディスプレイの保護シートは2重に張ってあり、1枚は輸送時の保護用で剥がしタブがあり、、もう1枚は使用時の保護用という事みたいです。

が、2枚目が張られているのを知らずに1枚目を剥がしたり再張り付けしたりしてたら2枚目を剥がしてしまいました、あ〜あ。

USB端子はType-Cで表裏が無く大電流対応で良いのですが、田舎ではType-Cケーブルなんてその辺には売ってません、アマゾンで3本入りを発注。

フリップカバーはアマゾンで売ってたので本体と一緒に買いました、指紋認証穴もありいい感じ。

アンドロイドボタン3点セット(戻る、ホーム、タブ)はPriori2と違いディスプレイを使うタイプで暗いところでも見えます、それに最下段からの下フリックも問題なし。

通知LEDも装備。

という訳で、ジャイロと使える指紋認証が付いて2万6千円程度はお買い得なんじゃないかと思います。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : vernee apollo lite

ビンディングペダル効果!

タイム的には全く変わりませんでした・・・

まあしかし、ペダル上昇側で足が浮いてズレるのを気にしなくてよいのは快適。

あとダンシングはバイクとの一体感が増してやりやすくなりました。

それと止まる時に外し忘れコケが一回。

ただ付けただけでスピードアップとはいきませんでしたが、引き続きコレを使ってペダリングの練習をしてみたいと思います。

ビンディングペダル導入

2万円ロードバイクにコレを付けるかどうかは考えちゃいましたが、やはり避けては通れないかと・・・

涼しくなったら昼休みコースでテスト&データ取りしてみたいと思います。

IMG_20160723_004618.jpg IMG_20160723_005530.jpg

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

*

全ての記事を表示する

プロフィール

Kei寅

Author:Kei寅
King3エアーウルフ、小型発泡機、デコパネ機等の空物ラジコンで遊んでます。

カレンダー
07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。