スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニッツタンクレーサー 戦車用特殊ミキシング

キャタピラの走行制御は「Vテールミキシングで楽勝~」と思っていたら、ハイパワーだと操縦が激ムズ。
低速域と高速域で適正舵角が大きく違う事と、増速側が飽和して使えない領域が大きいのが主な原因。
ステアリングが低速域では舵角過剰でカクカク、高速域では舵角不足で曲がらない、EXPを使っても対処しきれない。

こんなとき頼りになるのがOpenTX-Turnigy9X(オープンソースカスタムファームウェア仕様コンピュータプロポ)。
四則演算ミキシング、多重ミキシング、絶対値出力、多点フリーカーブなどを駆使し、普通の四輪車と同様の感覚で操縦できるようになりました。

スポンサーサイト

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

tag : 戦車

心拍数&ケイデンス対応の激安サイコン

2万円ロードバイクにサイコンを導入。
心拍数とケイデンスが計れるモデルは安くても8千円以上で自転車の価格を考えると躊躇してたんですが、安いのを発見!
LIXADAというメーカーの物で、アマゾンにて¥2530。
IMG_20161106_212350.jpg
注文から10日程ではるばるドイツから到着。
数少ない商品レビューで破損やハズレが報告されていたので心配しましたが、手元に届いた物は幸い大丈夫でした。
取り付けは特に難しい事もなく1時間ほどで完了。
IMG_20161106_234405.jpg IMG_20161106_234554.jpg
スポークとペダルに付けたマグネットの通過間隔でそれぞれの回転数を計測。
それに胸にベルトで巻いたセンサーで心拍数を計測。
データは電波で転送されハンドル上のディスプレイに表示される仕組み。
機能的にはこの値段で心拍数とケイデンスが普通に見れるので文句なし。
バックライトの常時点灯とか、スマホとペアリングしてログを取ったりといった事は出来ませんが、さすがにその辺は高級機に任せましょう。
リアルタイムで心拍数が分かると、スピードやタイムと併せて自分の身体能力をより正確に分析できます。
またケイデンス表示機能のおかげで速度とギヤポジションから暗算しなくても良くなりました。
心拍計は完全に乾いていると反応しません。
ちょっと走って汗をかくと反応し始めますが、最初に水か保湿クリーム等を塗っとけばOK。

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

Phoenix2000 プチスケール化

転職後は勉強が忙しくて全然遊ぶ暇が無いですが、息抜きにちょこっとだけRC弄り。

ふと思いついてPhoenix2000のキャノピーをスケール風にしてみました。

Phoenix2000のキャノピーは実用性重視の細長い物ですが、複座のスケール機風に見えるよう窓のラインをチョイチョイと変更。

まず前後席間の枠と最後部を複座キャノピー風に白塗装。

ついでに赤塗装のスピナーもパーツクリーナーで塗装を剥ぎ、改めて白塗装。

Phoenix2000ファイヤー控えめ

 131031_054831.jpg

しかしこれだけではキャノピーが細すぎてかなり不自然。

で、ボディ側を少々黒く塗装してキャノピーを大きく見せるようにしたところイメージ通りになりました。

まあ肩翼だし主翼も細長くないのでスケール感は低いですが、ノーマルよりは好きかな。

131105_055740.jpg 131105_055710.jpg


しかしなぜか写真のアップロードが不調、90度回ってしまい、直そうとすると縦横比が変になる・・・
*

全ての記事を表示する

プロフィール

Kei寅

Author:Kei寅
King3エアーウルフ、小型発泡機、デコパネ機等の空物ラジコンで遊んでます。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。