TURNIGY9X 関連工作いろいろ

TURNIGY9Xに取り付けたFrSkyモジュールのアンテナ位置が低すぎたので修正しました。

間にかます適当な箱は・・・と辺りを見回すと、ありました、不要な9gサーボのケースを2段使うとピッタリです。
(ASW28付属のサーボなんですがOrangeRX受信機の相性が悪かったようで発熱し、ケースが変形してしまってます)

FrSkyモジュールのアンテナ線は9Xモジュールと違って基盤とコネクター接続なので作業は簡単でした。

ただし加工時にアンテナ取り付け基部の回り止めをしっかりしておかないとアンテナ線が捩れて断線の恐れがありそうです。

FrSkyモジュール アンテナ位置修正


9X標準モジュールは使いませんが、一応アンテナをモジュールに移設して組んでおきました。

TURNIGY9X モジュール交換加工




あとモジュールに付属してきたV8FR(8ch)受信機ですがプラケース込みで14.5gと小型機には少々重いです。

V8R7(7ch)は薄板折りのケースで9gと軽いので、コレが入ってたブリスターパックを利用してV8FRも薄板ケースにしたところ7g軽くなって7.5gになりました。

V8FR軽量化




それから、部屋で設定作業をする時にプロポのビープ音がうるさいので静音加工しました。

分解してブザーの位置を確認し、写真の位置に直径2mmの穴をあけて爪楊枝を突っ込むと、これがブザーの振動版に当たって良い感じに静かになりました、爪楊枝を僅かに抜くと元の音量に戻ります。

同じ要領で部屋用のホビキン充電器も静音仕様に、夜でもプロポ設定や充電が出来るようになりました。

TURNIGY9X静音加工

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

TURNIGY9XとFrSkyモジュール

激安9chプロポTURNIGY9XにFrSkyテレメトリーモジュールを装着してみました。

モジュール何を付けようか悩みましたが、JRインドアモジュール+マイクロ完成機は電波到達距離やTURNIGY9Xとはch割り当て順が合わない問題からひとまず見送り。

FrSkyなら国内認可済みでレシーバーは4chで$13.95と安価、受信機を積み替える日々から解放されます。

また4chでケース込み2.6gと軽量なので今まで手を出せなかった小さな機体にも挑戦出来そうです。



まず元のモジュールの取り外しは本体を開けてアンテナカバーを取り外し、さらに基盤を貫通しているアンテナを抜く為にモジュール内の半田付け(同軸線なので2箇所、細かい・・・)を外しました。



新モジュールを取り付けてみると、ちょっとアンテナ位置が低いです、使えない事はなさそうですが再考の余地がありそうです。

FrSkyテレメトリーモジュール with TURNIGY9X



FrSkyのテレメトリーモジュールは最初に一度、下記サイトにあるように「モジュールのディップスイッチ両方OFFでバインドボタン押しつつ送信機電源ON、バインドボタンを離し電源OFF」という操作をしておかないと混信するという事なので実行しておきます。

http://www2.hobbynet-jp.com/blog/PermaLink.aspx?guid=6cdd1293-8703-421b-a129-d9128a04f1e5

http://www.worldrc.com/2011-5-30-frsky-v8-chuui.html



受信機は付属の8chの他に6ch、4chと準備しましたがすべて問題無くバインド出来ました。

FrSky 受信機いろいろ

OrangeRX受信機では動作しなかったホビキンジャイロHK401Bも問題無く作動、うちの飛行機はコレを多用してるので一安心です。



ちなみに以前書いたTURNIGY9Xの端子が足りない不良電池ケース、ホビキンにメールし言われた通り写真撮って送ったら「調査して連絡する」との事でしたが4ヵ月以上経過し未だ何の連絡もありません、まあ使ってないケースを改造して使えてるので別にいいんですが。

あとは以前の記事通りファームが非常にもったいない出来だったりスティックに不感領域があったりもしますが、ミキシングに凝ったり贅沢言わなければなんとかなるでしょう、コイツとFF7でしばらく頑張ります。

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

補給物資その後

TURNIGY9Xの不良電池BOX、ホビキンにメールしたら「物と、箱に張ってある宅配ラベルの写真を撮って、問題個所に○付けて送ってくれ」(?)みたいな事だったので撮って、問題個所を赤丸してメールで送った所、調査して分かり次第連絡するという事です。

返事がいつもより一日遅い感じですが、旧正月に溜まった分のメール処理に追われているそうです。


このプロポ、弄ってるとスティック動作の端っこに不感領域があるようです。

サーボの動きもディスプレイ機能で見ても端っこは反応が無く、エンドポイントをいじっても変わらないし設定で改善することは出来ないようです。

スロットルだけは、モーターの回り始めを掴み難く気になるので分解してストッパーを接着、3目盛り程あったストロークを2目盛りちょいに制限しました。

ついでに柔らか過ぎたエルロン、スロットルをちょい硬く(スロットルの硬さもビスできっちり調整出来るのは良いです)

しかしトグルスイッチは一見いっぱい付いていますが、3軸のD/Rオンオフ切り替えそれぞれ1つずつで変更不可、その他の機能もフライトモードスイッチか、予備スイッチ(またはボリューム)のどちらかに予め決まっています、非常にもったいない部分です。

あとサーボスロー機能があると思ったらスロットルchのみ、「タービンエンジンっぽい反応になります、ミキシングでギアドアなんかにもどうぞ」(?)みたいな事が書いてありますが最初からAUXchに付けて欲しかった所です。



さて今回他に激安小型ジャイロを2種類頼んでみました。

TURNIGYの飛行機用TG380($17.95、6g、非ヘッドロック)と、HobbyKing(箱や取説にASSANと書いてあります)のヘリ用ヘッドロックGA250($9.99、8g)。

このくらいの重さと価格なら300gクラスの飛行機に3個でも積めますがESCによってはBECがちょっと厳しくなるかな?

ヘッドロック機能は欲しい所ですが、わざわざ飛行機用となっているTG380も試してみる事にします。

っという訳で見てみると、GA250は取説によると「今時のデジタルラダーサーボ専用、設定が合ってないとサーボ壊れます」(?)的な事が書いてあります。

GA250ma

ジャイロが安くてもサーボの方が高くついてしまうのでとりあえずYF-19-2への使用は見送り、いつかINO-LABデジタル搭載のウルフで試してみようと思います、汎用性はHK401Bジャイロの方が上かな?

で、TG380を2つミニカタナのエレベーターとラダーに搭載しリモートゲインはまとめて空きの5chに接続、、本体ボリュームとリモートゲインは両方効くのでどちらも最大にセット、エルロンはHK401B。

テールジャイロ無しでも無風の室内なら立てて手を離すと数秒は黙って浮いてるような機体ですが、テールのジャイロを効かせると傾けようとしても明らかに抵抗してきます。


ここまでセットしたところで早朝テスト飛行、風は最大3m位で不安定、ひさびさのリアルフライトです。

この機体、テールのジャイロ無しだと、自分の腕ではトルクロールは難しいけど「無風で調子良い時に出来たことがある、最高で2回転」・・・という感じです。

なぜかラダージャイロが起動しにくくて苦労しましたがなんとか起動。

全ジャイロON,立てた状態でホバ+αのパワーを掛けて風下にリリースするとあっさり離陸。

高度を取って立ててみると、ほぼ手放しでそのまま風船のように風に流されていきます、テールのジャイロ無しではこの風の中で立てておくのは大変です。

エルロンのヘッドロックを切るとトルクロールに入りこの時は少し修正舵が必要ですが、風に流されながら簡単にトルクロールしてしまいます。

ホバリング、コブラの速度域ではジャイロが大きな効果を発揮しますがコブラを抜ける位のスピードになるとすぐにテールがバタバタと縦横にハンチングし始めます。

感度を60%まで落とすと最高速でもハンチングは出ませんが70%以下ではホバリング安定が大きく落ちます、70~80%でホバ時だけジャイロONが吉かな?

飛行機はヘリと違い速度によって舵の効きが大きく変わるのでジャイロの使用、セッティングの落とし所はなかなか難しいですね。

調整作業中、離陸直後に「電源投入時のエルロン軸ニュートラルズレ」と「強くなった風に対抗して風下から戻そうとしてテールハンチング」が同時に襲ってきて急降下、なんとかテールジャイロを切って着陸させました、ハンチングを検知して自動的にゲインを下げるようなジャイロが出来れば良いのですが。


YF-19-2、GA250を2個接続するとサーボがジージー言うしアンプもやたら熱くなるのでやはり飛行は無理ですがちょこっとだけ、ペラを回し部屋でテール2軸ヘッドロックしてみました、やはり奇妙な感触です、HK401Bでも使って改めて実験してみたいと思います。

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

補給物資

ホビキンから物資が到着、1/21注文で数点入荷待ち後2/1発送、旧正月の影響でしょうか、2/15日やっと到着、今回はけっこう日数かかりました。
(そういえばなんかカタログが先に届いてました)

今回は小さいジャイロや補充パーツ等小物をチョコチョコと。

物資

それからTURNIGY9Xプロポ、国内での使用は電波法上NGのようですがモジュール交換式(形状はJRタイプのようです)なので、DSM2ローパワーモジュールを組んでE-fliteやparkzoneの機体を飛ばせるかと思って注文してみました。

っていきなりとんでもない事になってます、電池ボックスの端子がワイヤーが繋がるトコ以外影も形もありません。

TURNIGY9X 不良電池BOX

ホビキンにメールはしてみましたがどうなる事やら、とりあえずFF7の電池ボックスを無理やり突っ込んでテストしてみる事にします。(フタが閉まりませんが・・・)

触ってみた感じでは、スティックの感触はまずスプリングテンションの初期設定がFF7より全然軽くて良いです。

ニュートラルで多少カンカン言いますがニュートラル自体はきちんと出ているし、端っこで重くなったり渋くなったりといった事はなく動きは良いと思います。

設定用のロータリーダイヤルの類は無いですが、十字キー長押しで早送り出来るのでピッチカーブとかの大幅変更はこちらの方が楽です。

液晶もFF7と比べたら大きいので一度に表示できる情報量は多いです。

ピッチなどカーブの設定もグラフ表示してくれますが、液晶の荒いグラフ表示は最初からあてにしてないので個人的にはまああんまり関係ないです。

機能を見てみると、各機能にしろプログラムミキシングにしろスイッチ割り当ての自由度が全然無いのが一番の困りどころでしょうか。

あとはタイマーが一系統でトレーナースイッチによるオンオフのみというのもあまり使い勝手が良くありません。

ファームが怪しいという話なのでとりあえず不具合が無いか良くチェックしてみたいと思います。

あとこのプロポ用にTURNIGYの低自己放電ニッケル水素を買ってみましたが、なにせこれは国産のエネループではなく激安のタニループなのでとりあえず1本ずつ電圧をチェックしてみました、一応すべて1.34Vで揃っていました。

タニループ

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

*

全ての記事を表示する

プロフィール

Kei寅

Author:Kei寅
King3エアーウルフ、小型発泡機、デコパネ機等の空物ラジコンで遊んでます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク