スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロタイガー3D 図面





無事飛んだので一応図面を載せときます。

機体自体は縦横一枚ずつの超単純構造、細かい事は記事参照、興味のある方はどうぞ!

EuroTiger image

EuroTiger組図

EuroTiger翼
A1

EuroTiger胴体
A1

EuroTiger表

EuroTiger裏

ユーロタイガー3Dメカニカルミキシング部

EuroTiger配線

PDFの原寸図面はRCグループスへ。
http://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?t=1485735

モーターコントロールは本来3、4chとして相互に100%のミキシングを掛ければ良いのですが、TURNIGY9Xプロポでは3,4chではエンドポイントが合わせられないのでこのような接続になっています。

全長 : 682mm
全幅 : 480mm
全高 : 210mm(脚、ペラを除く)
重量 : 346g
翼面積: 0.112m2(機体の全水平面積)
翼面荷重 : 0.31g/cm2

モーター: TURNIGY2730(1500KV) ×2発
ペラ  : ホビキンのパチGWS5030 内回転
ESC : ホビキン15A ×2
リポ  : ハイペリ3セル850mah25C ×1
サーボ : DS65HB ×2
ジャイロ: HK401B ×2
      GA250  ×2
スポンサーサイト

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

ジュークの図面

ラジコンデコパネ機、YF―19風の機体の図面を掲載します。

FC2ブログではPDFファイルをアップロード出来ないようなのでJPEGファイルにしています。

本ページ上の画像はサムネイルです、クリックして開いた画像を使用してください。

フォトビューアーでは原寸印刷出来ないようなので、フォトショップ等で原寸印刷するか拡大コピーで合わせる等お願いします。
(図面1枚目に確認用の実寸を入れています)

部品図面はA3サイズ、シールと組立図面はA4サイズです。

5mm厚デコパネ素板A1サイズが1枚で十分出来ます。

パネル切り出し後の工作、補強は各自で工夫されて下さい。

後退翼と違い前進翼は負荷が掛かって変形するとますます負荷が掛かる特性なので、私の機体では補強の為に支柱を設けました。

主翼エルロンはテープヒンジ、モーターマウントはベニア、脚は2mmピアノ線、エルロンサーボ延長ホーンはカーボン板、エレベーターの軸は1mmピアノ線とノイズレスパイプ、フライング構造のラダー軸は竹串とABSパイプ、リンケージは1mmピアノ線と竹串とGWSのEZリンク、主翼の支柱には料理用の竹串を使用しました。
(高いけどカーボンロッドなら尚良いです、竹ヒゴは剛性が無い為不可)

接着はスコッチプラスチック用とホットボンド。

小物はネットショップロビンさんやホビーショップ雷さんで購入。

プロペラは雷さんのお買い得セイバーにホビキンの太めのOリングを2本掛けています。
(細いと切れます)

ただしプッシャー固定では取り付け穴が合わないのでプラ製カラーでアダプターリングを自作しています。

主翼には片側で3度の下反角を付けるとラダー操作による起き癖が減ってナイフエッジ飛行が可能になり、復元力も僅かにあります。

安定性重視なら0度でも良いでしょう、支柱をホットボンド接着にしておけば後で簡単に変更可能です。

重心調整は普通の機体と一緒で、最初は図面の重心位置からさらにリポを6cm程前に積んで1cmずつ後退させていくと安全に調整出来るのではないかと思います。

重心を後退させていくとEXPで調整出来ない程エレベーターが敏感になり、私はその一歩手前に調整してグリグリ飛ばすのが面白いと感じています。

ロールレートは見えない位速いし全速から急停止も出来ますので、リポその他の脱落にはご注意下さい。

舵角はエレベーターが上下各45°、エルロンが上下各25°、ラダーは左右各30°、しかし飛行中の細かい姿勢制御の為の動作量は舵面端で1mm程なのでEXPを十分大きく取ります。

衝撃を受けた時ペラがブレる事があるので、ペラ脇を通るサーボ配線は必ず胴体の外側を通します。

テールのエレボンは不要だったのでエレベーターのみに修正しました。

機首はデコパネでも良いですが、5mm厚の30倍発泡あたりのEPPで作りOPPテープやグラステープを貼って補強しておくと壊れにくくなる為、別パーツで作図しています。

また垂直尾翼が中央寄りのVer1仕様の尾翼と腹ビレ、そのベースも載せています。

原作機と少し違いますがヒンジの工作がテープで簡単に出来て、手投げ時に持ちやすく、0速度でもラダーが良く利くので綺麗なフラットスピンが楽しめます。

この尾翼と腹ビレはパネルの支柱で補強していましたが竹串の方が低抵抗で良いでしょう。

今の仕様で飛行時間は3分位です。

全長819mm、全幅600mm、飛行重量330~380g(3~4サーボ1アンプ1ジャイロ)
モーター:E-MAX CF2812 kv1534
(メーカーデータ:http://img10.shop-pro.jp/PA01052/108/product/19424798_o1.jpg)
(実測値:MAX16A、11000rpm)
ペラ:APC7×6
サーボ:SG90
アンプ:ホビキン25A
ジャイロ:HK401B
3セル 850mah 25C ハイペリオンG3
送受信機:FF7、R6106HF


本機の製作では「デコパネ機で遊ぼう」さんのサイトをたくさん参考にさせて頂きました。

初めて作った自作機なので改良の余地多々有りですがなかなか面白いです。

実際作ってみようという方が何人おられるかは分かりませんが、さらに改造するなど自由に楽しんで頂けたらいいなと思います、うまく飛んだら報告頂けるとうれしいです。

持つ所が少なく中央で鋭利なプロペラが高速回転しますので怪我、事故には十分ご注意下さい。

なお、御覧のような感じの特殊な機体ですのでRC飛行機キット等の製作、飛行の経験が全く無い方の本機の製作、飛行は安全上お勧めしません。
あくまで自作のベースであり、適切な工作、要所の追加補強無しでは空中分解の恐れがあり、調整、操縦も練習機のように簡単ではありません。
製作、飛行、事故等に関して当方はいかなる責任も負いせん。


切り出し用部品図面 A3
yf19図面1
yf19図面2
yf19図面3
yf19図面4
yf19図面5

組立図面 A4
yf19組立図面

シール A4
yf19シール1
yf19シール2

Ver1参考写真
Vre1参考写真

Ver2参考写真
Ver2参考写真1
Ver2参考写真2

組立はこんな感じ
P1020554web.jpg


Ver0(1号機)の動作、飛行


Ver2(2号機)の動作、飛行

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

*

全ての記事を表示する

プロフィール

Kei寅

Author:Kei寅
King3エアーウルフ、小型発泡機、デコパネ機等の空物ラジコンで遊んでます。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。