ギガテンバギー

イオンのワゴンセールでタカラトミーのギガテンバギーを購入、定価¥5229が¥665でした。

ギガテン6 ギガテン1

マイクロサイズにもかかわらずリポバッテリーと7mmモーターにより最高速度22km/h、サスペンションも装備し豪快なジャンプが楽しめます。

電波方式は2.4Ghz、コントロールはスロットルがプロポーショナル(実質4速?)でブレーキ付き、ステアリングは左右のON/OFF制御。

ギガテン8

ステアリングトリムは車体下面のレバーで行います。

フロントサスはアーム自体のたわみによるもの、リアは左右アームのたわみ+コイルスプリング。

ギガテン3 ギガテン4


最低限の構成できちんと機能し、クラッシュにも強く激しくぶつけても大概はステアリングのボールリンクが外れるだけ、良く出来てます、小型化には発想の転換が必要ですね。

布団と枕と下敷きでオフロードコースの出来上がり。

ステアリングがON/OFF制御なので進路調整の精度はそれなりですが、スロットルやブレーキで空中姿勢も制御できるので楽しめます。

車載リチウムイオンバッテリーの充電は単3×4本を付属の充電器にセットして行いますが、エネループでOK。

バッテリーやモーターは交換不可との事ですが、マイクロヘリの物を使えばどうにかなるでしょう。

ラリーカーやパジェロ、レーシングトラックなんかの軽量ボディがあったら楽しいかも。

子供の頃ミニ四駆を走らせながら「これがラジコンだったらな~」と思ってからここまでが20年、あと10年後にはこのサイズのトイラジで完全プロポーショナルも普通になってるかな?

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

Extra300 EPO ハイブリッド

ラジコン1さんに気になる新製品が。

(3D) Extra300 EPO ハイブリッド (PNP)完成機
会員価格:20,700円(税込)
http://www.radicon1.com/item/SwiftExtra300/

EXTRA300HS.jpg EXTRA300HS2.jpg EXTRA300HS3.jpg


フルスケール形状、EPO中空リブ組み主翼、スパン1200mm、飛行重量1180g、リポ3~4セル1800mah。

スペックが本当ならかなり軽量に仕上がっています、450ヘリ用のバッテリーを使って低翼面荷重でスローアクロが楽しめそう。

300gクラスのPulamaと比べたら風には数段強いでしょう。


この機体はハイスピードで飛んでいるので4Sでしょうか、機体強度、剛性も高そうです。



このクラスでこれくらい軽量な機体はベニアリブEPP張りの機体ならありました。

コレとか
http://www.hobbyking.com/hobbyking/store/uh_viewitem.asp?idproduct=29765&aff=231043
EXTRA300HK.jpg EXTRA300HK2.jpg

コレとか
http://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?t=1788251
SBachFM.jpg SBachFM2.jpg


しかしEPOモノコック構造の方がスケール感がありベニアリブよりクラッシュ耐性も良さそう、おまけに安い。

プロフィール機の次のステップとしてまさにこんなのが欲しかったんですよね、バリエーション展開が楽しみです、S-Bach出ないかな~。

ちなみにこのメーカー、FW-190Dも出してますね、長鼻D萌へ~。
http://www.hobby-sky.com/english/product.asp?id=180
FW190D HS FW190D HS2



ラジコン1さんの実店舗、正面はシャッターが下りていて一見いつも閉まってるように見えますが、裏に回ると開いています。

ツインベクターSu-35等の完成見本も多数展示され、店頭では店頭特価(≒会員価格)で商品を購入できます。


2013/7/4 追記:

EXTRA300EPO


TYアクロさんからコメントでフライト&大改修レポートを頂きました、必見です!↓↓↓

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

tag : EXTRA300 EPO 1200mm ラジコン1 RC 3D アクロ

寅キャット2011

忙しくてラジもスキーも全くやってませんがちょっと気分転換という事で、cad、長らく2D専門だったので今更ながら3Dcadという物を触ってみる事にしました。

「Creo Elements/Direct Modeling Personal Edition」というソフトが使用期間制限無しのようなのでダウンロード。

http://www.ptc.com/offers/tryout/pe3.htm

以前、動画再生すら怪しかった貧弱PCに別の3Dcadを入れた時は全く動作しませんでしたが今回は大丈夫です。

ソフトは問題無いようなので何か練習材料は・・・という訳で憧れのトムキャットをデコパネ機で描いてみる事にしました。
(トムキャットならアートテックのEDFトムなんかかっこよくてそれなりに良く飛びそうなんですが、ああいうちゃんとしたトムキャットを飛ばすのであれば引込脚を装備しつつも重過ぎず、スケール速度でじっくり旋回ゆっくり着陸といった感じで飛ばしたいので、もう少し待ちかな・・・)

3Dcadの方は、やりたい操作をうまく助けてくれて、思ったより全然ストレス無く操作出来ました。

空間にワークプレーンという平面を設定して2Dで絵を書き、書いた絵に厚みを付け、あとは点や線や面を選択して引っ張ったり丸めたり粘土細工のように成型。

トムキャットの古いプラモの説明書を引っ張り出してきて、2面図から要所の座標を貰いながらテキトーにデコパネ機化。

増漕やお腹のフェニックスミサイルも付けて側面積&地上高UP。

YF-19のV字尾翼なんかの斜め部分は2Dだと面倒でしたが、その辺はやはり3Dだと楽です。

完成した姿もリアルに確認出来るし、今時はこんななんですね。

あとは切り出し図面がスムーズにプリント出来れば言う事ナシです。

これならちゃんと皮を張ったリアルな機体とか夢が膨らみます。



寅キャットの方は、可変翼はいけそうな気がします、抵抗だけじゃなく揚力中心も変わるはずなのでグリグリも楽しいかもしれません。

性格はパワーユニットの選択次第という事になると思いますが、EDFだと推力重量比1以上かつ低翼面荷重というのは難しそうだし低速では舵が効きません。

可変翼とするとセンターペラは収まる場所が無さそうです。

テールプッシャー一発じゃなんだか面白くないし。

という訳で5インチ反転2発でテールエレボンマウントベクタースラストのA案を考えてみましたが・・・振動や、尾翼の重心が大きく崩れるのでフラッターも心配です。

後 モーター

ならば主翼グローブ部マウント反転2発のB案なら・・・YF-19のような反トルクも無く、スパンのあるエレボンも後流に入り、ペラの差動も使えばパワーで吊った状態で3軸制御出来ます。

重心も合わせやすいしペラも折りにくいんじゃないかと思われます。

前モーター

な~んて考えてると作りたくなってくるのでいけません

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

駄菓子号



駄菓子屋さんのスチレン機、「これが操縦できたらなぁ」という、ある意味kei寅少年の夢。

エアロウイングスメカとホビキンの1セル160mahリポで何か作ろうと思ったんですが、どうも機体を自作する気力が無いので安直にいってみました。

しかし昔と違ってあんまり売ってないんですね、キャノピー形状からしてモデルはbf109?

飛行重量は本体12.8g+リポ4.2gで17g。

ノーマルエアロは複葉タイプでボディも太め、抵抗が多くマイルドな低速仕様で向かい風だと進まなかったのですが、本機では速力、上昇力が上がり風に強くなりました。

またプロポからの充電専用で一度飛ばすと30分何もできないというのも辛かったので、やはりリポが交換出来ると快適です。

リポは並列充電コネクタも買ってあるのですが、3本を3セルリポとして一気にバランス充電出来るコネクタを自作してみました。

飛ばしてみると、このメカは旋回操作がON/OFFで反応にタイムラグが出るのもありなかなか難しいです、思い通りに飛ばすというよりは遠くに行かないように踏ん張り続ける感じかな。

それにしても時々コロッといくので機体調整に問題アリでしょうか、アドバイスよろしくお願いします。

一回り大きい機体にしたほうが良いでしょうか?

でもコンクリに落としても平気だし、初ラジのカメラマン様と交代で楽しく遊べました。

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

*

全ての記事を表示する

プロフィール

Kei寅

Author:Kei寅
King3エアーウルフ、小型発泡機、デコパネ機等の空物ラジコンで遊んでます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク