お特用流し込み接着剤

愛用していた流し込み溶着タイプの接着剤が無くなったので買おうとしたらどこにも売っていない。
昔は「モデラーズ」が販売していたが今は「GSRモデラーズサポート」というブランドになっている物。
スチロール樹脂だけでなくABSも強力に接着でき、子供のおもちゃの修理にも活躍しているので無いと困る。
で、成分はと見てみると「ジクロロメタン」とある。
(二塩化メチレンとかメチレンクロライドとも言うらしい
アマゾンで検索してみると、あった。
500mlで900円。

モデラーズは100ml入り、700円で購入。
同じ位の値段で量は5倍なので、かなりお得である。
ちなみにホームセンターで売っている「アクリサンデー」という商品は同じ位の値段で30ml。
というわけで、またしばらく使えそうです。
ジクロロメタン

BRIOのレールとダイソー電車

ダメモトで試してみましたが、電車の駆動輪をちょいと拡げるとピッタリ合います。
(ラジオペンチでシャフトを掴んでグリグリ)



いたずらにレールの規格を増やすと大変なので今までスルーしていましたが、ダイソー電車はバリエーションが豊富なのでいろいろ買ってしまいそうです。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

アンドロイドタブレット、空物RCシミュレーターアプリ比較テスト

アンドロイドタブレットのアプリでラジコン飛行機&ヘリの練習(トルクロールやピルエットフリップ)が出来る物を探してみました。
(タブレットは先月導入したNexus7)



まずは「AbsoluteRC」
Screenshot_2014-03-10-23-09-37.jpg
挙動はけっこうリアルっぽいのですがUSBコントローラーが使えず、タッチパネル操作ではスティックの感触が全く無く微妙な舵が打てないので練習にはなりません、ボツ。



次に「Leo’sRC」
Screenshot_2014-03-10-23-11-41.jpg
USBコントローラーは使えるもののON/OFFスイッチとしてしか動作しません、初心者のチョン打ち練習なら・・・そんな練習はしない方がマシでしょう、ボツ。



で、やっと練習に使えたのが「IndooreHeliSim」
Screenshot_2014-03-10-23-16-15.jpg
USBコントローラーはキャリブレーションやマッピング設定があり微妙な操作にもしっかり反応します。

USBのプロポ型コントローラーを使い実機に近い設定にしてピルエットフリップを試すと、挙動はなかなかリアルで練習になります。

しかし走らせた時の滑空感の再現は全然ダメなのでストールターン等の練習は出来ません。

タッチパネル操作やプレステコントローラーでは微妙な舵がぜんぜん打てないので、ド安定設定にしてブレードMSR的な飛ばし方しかできないでしょう。



今のところUSBコントローラーを使って「FMS」や「HeliSimRC」(どちらもWindows用のフリーソフト)並みに飛行機やヘリの高度な演技が練習できるアプリは見つかりませんでした。

USBコントローラーは100均の「USBホストケーブル」を使って接続。
(ダイソーには売ってなくてセリアで購入、これ系はセリアが強いですね)
111.jpg




それと飛行機マニアならコレは外せない「X-Plane9」、昔は有料だったようですが今は無料です。

試してみると操縦感覚はまさにX-Plane9!

操作は本体のジャイロセンサーを利用しタブレットを傾けてピッチとロールを制御(実機では操縦桿で操作)、ラダーとスロットルはタッチパネル。

操縦桿型ジョイスティックには敵いませんが、ゲームパッドの小さなスティックよりは繊細な操縦が出来ます。

アプリ自体は無料で、機体はPC版でおなじみCirrusの他セスナやビジネスジェット、ロビンソンR-44、サーブ37ビゲン等が使え、その他A380やSR-71等多数の有料機体は一機¥99で購入できるというシステム。
(PC版はソフトが数千円ですが機体は無料で多数公開されています。)

アプリ版ではフラップを出すと着陸時にゴムまりのように跳ねたり、高高度でもジェットエンジンの推力があまり落ちなかったりと気になる部分も多いので、あまりムキにならない方が正解かもしれません。
Screenshot_2014-03-05-22-59-39.jpg
あとコックピットの再現も無くHUD風の表示か外部視点。
Screenshot_2014-03-10-23-34-54.jpg
しかしジョイスティックも要らずどこでも手軽に楽しめるのは良いです、ジョイスティックも繋げられれば文句なしだったのですがそれは出来ないようです、残念!

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

光からWiMAXへ

転職して勉強中でRCネタが無いのでネットの話を。

最近引っ越してネットを光(マンションタイプ)からWiMAXに替えました。

以前の光マンションタイプは夜11時頃、寝る前の時間でネットを見ようとすると、混雑するせいか話にならない位通信が遅くなり困っていました。

で、今回はWiMAXに乗り換えて、キャッシュバック分でタブレットを購入。

WiMAXのWiFiルーターはWM3800Rという機種で、充電用クレードル(有料オプション)に有線LANジャックがあり、無線LAN非対応の我が家のテレビ(BRAVIA)もこれならOK。

使ってみると窓際に吊るさないとまともに受信しないので家ではやや不便ですが、以前の光と違い、いつでもまともに繋がります。

タブレットはNexus7(2013)32GBモデル。

これとWiFiルーターがあれば外でもデータ量を気にせずネットできます。

GPS搭載でカーナビとしても使えるそうなので、地図が古く動作も怪しくなってきたカーナビの買い替え費用も浮きそうです。

ちなみにケータイは未だガラケー、いやフィーチャーフォンです。

時代の波に乗り遅れている気はしつつも、家でも職場でもネット環境があり電車にもほとんど乗らないので必要性を感じません。

タブレット買ったのでますますケータイの買い替えが遠退いたなぁ・・・

陸自の訓練展示

ちょっと前になりますが陸上自衛隊久留米駐屯地の創設記念日際に行ってきました。

敷地はそれほど広くないのですが訓練展示ではすぐ目の前を74式戦車が勢いよく走り回り、戦車砲、榴弾砲、機関砲等の空砲発砲もありOH-6も飛来して凄い迫力でした。

IMG_0733.jpg


155mmりゅう弾砲は物凄い爆音で、風下にいたらけっこう大きな燃えカスが飛んできてペチペチと顔に当たり、煙は爆竹と同じ臭いでした。

そして出ていた露店で「ドネルケバブ」を購入。
昔「ジョジョの奇妙な冒険」に登場したのを見て以来食べてみたかったんですが、ほぼイメージ通りの味で旨かったです。

そのうち10式も見れるかな?

HobbyKingデジタルノギスの精度

3年前に買ったホビキンのデジタルノギス

ホビキン ノギス

最大測定長150mm、分解能1/100mm、価格$12.99(購入時点)。

ステンレス製(液晶周辺は樹脂製)で全体的にしっかり作ってあり、クチバシの隙間やスライダのガタはありません。

測定値の再現精度は良く、硬い物を測れば毎回同じ値を示します。

またブロックゲージで測定精度を確認したところ、

25mmゲージの測定結果→25.00mm

3個リンギングさせて63mmにしたゲージの測定結果→63.00mm

・・・と、予想に反し分解能の範囲内でほぼ完璧な精度でした。

買ってすぐ液晶の端に表示不良が出たので今まで人にお勧めはしていませんでしたが、分解して基板と液晶の接触圧力を増やすよう調整したらその後は快調、お勧めです。



※ リンギングはブロックゲージのように極めて平面度が高くツルツルな面同士をこすり合わせると、セラミックでもガラスでも鉄でも磁石みたいにピタッとくっついて離れなくなる現象ですが、なぜくっ付くのか未だに分かっていないそうです。

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

Lanyu hobby ASW28

子供が小さかったり転職したりで最近RCに触っていません、落ち着いたらまた再開したいと思います^^;



「KK Hobby」さんの連載「ナベさんの気ままなラジコン日記」の読者プレゼントで以前Phoenix2000を頂きましたが、再びプレゼントになっています。

PHOENIX2000当選

フラップ装備で剛性もありグライダー入門者にはとても良い機体です。

http://www.kkhobby.com/hpgen/HPB/categories/71620.html



また同じメーカーで「ASW28」も登場しています。

http://www.kkhobby.com/SHOP/0375.html

スパン2.5mの軽量な機体は浮きが良さそうです。

Phoenix2000同様の丈夫な塩ビ胴にフラップも標準装備で着陸も簡単でしょう。

パイロット人形も付いてスケール感もバッチリ、太い胴体は視認性も良いでしょう。

スケールグライダーは土手など低空を飛ばすとても優雅で綺麗です。

6サーボフルアクションのARFで¥14400は非常に魅力的だと思います、走りと耐風性を重視するなら空気抵抗の少ないPhoenix2000、スケール感を楽しむならASW28、両方持っておきたい機体です。

LHasw28

カスタム9Xプロポならフラップも好みに合わせて自在に制御できます。

空物RCの魅力とは

空物RC、実際に飛ばすのはいろいろと大変で難しいですが、それでも飛ばしたくなる魅力とは何でしょう?

一口に空物RCと言っても遊覧飛行、スケール、F3A、F3C、3D等々、いろんな楽しみ方があります。

様々な要素が絡み合っていますが、私なりに分類するとこうなりました。

1:実機の縮小模型、スケールモデルとしての楽しみ
(必要な飛行技術、製作過程も含む。サイズが実機に近いほど挙動も雰囲気もリアルですが、小さな物ほどいつでもどこでも自由に飛ばせるという模型としての楽しみは大きいと思います。)

2:技術的な好奇心を満たす楽しみ
(変態自作機マニアや新製品依存症もコレ?)

3:より高難度の曲技技術を磨く楽しみ

4:競技会で人と競う楽しみ

5:一つ間違えば高価な機体が粉々になるスリルとそれを乗り越えた時の達成感

6:価値の高い機体を所有する満足感



ちなみに私の中での各割合はこんな具合。

RC嗜好円グラフ

割合が高いのは1、2、次いで3なのでスケールヘリや変態自作機、発泡スケールアクロ機が好きという事になります。
(しかしだだ飛ぶだけのスケール旅客機、輸送機は萌えません)

F3C競技や3D演技では3の他、4、5、6によりドキドキするような非日常感や、好成績を残せればステイタスも得られると思いますが、私の場合RCにはあまりこれらを求めていないかも。

ドキドキ感で言えば車でドリフトした時やスキーで飛んだ時の方が大きいかな。
(普通はスリルが大きい事ほど危険も大きいですね)

レーサー星野一義氏は空物RCについて人と競わずにじっくりゆっくり飛ばすのが好きだと仰っていました。

RC航空機という同じ道具を使っていても、各ジャンルは違う方向性で先鋭化しているので好みがはっきり分かれるのではないでしょうか。



シミュレーターは現実の説得力、爽快感は無いものの、今時の物はかなり良く出来ているので単なる練習ツールに留まらず、1、3、それに2もかなり得られます。
(4、5、6はほとんど得られませんが)

精密にモデリングされたスケールモデルは実にリアルで、簡単にいろいろな機種を飛ばして楽しめます。

挙動も、演技にもよりますがループやフリップなどは実物で出来てみたら操作はあっけないほどシミュレーター通り。

3Dも5を求めずテレビゲーム感覚で遊ぶだけでも楽しいものです。

また失速やオートロなど物理的なシミュレーションのリアリティもかなりのもの。

私の場合シミュレーターの限界を探ること自体が2の対象とも言えます。



という訳で、自分の好みを明確にすれば効率的にRCライフを楽しめる・・・かもしれません^^

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

明けましておめでとうございます

P1050382ct

昨年絡んで頂いた皆様ありがとうございました。
今年も宜しくお願い申し上げます。

ホビキン FreeWing Su-35

ホビキンのスポーツ、アクロ、3D機コーナーを見ていたら、こんな物があるのに気付きました。

HK Su-35

Sukhoi SU-35 Twin 70mm Super Scale EDF Jet w/Thrust Vectoring 1080mm (PNF)
Sukhoi SU-35 Twin 70mm Super Scale EDF Jet w/Thrust Vectoring 1080mm (ARF)

Su-27系ファンのKei寅的には完璧に理想の機体です、手の届く範囲の価格、ツインベクター、ゆっくりと動作する引込脚は脚柱やショックアブソーバー、ドアも凝っています。

ベクターに3軸ジャイロを噛ませてグリグリ飛ばしたらムチャクチャカッコイイ事でしょう。

今の環境ではちょっと飛ばせませんが、いつかは飛ばしてみたい一機です。

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

*

全ての記事を表示する

プロフィール

Kei寅

Author:Kei寅
King3エアーウルフ、小型発泡機、デコパネ機等の空物ラジコンで遊んでます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク