スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイヨー零戦改 飛行の様子

ウルフといっしょにタイヨー零戦改も撮ってもらいました。

画面右からの風で左向きはすっ飛んで行きますが右向きでパワーを絞るとホバリング。

機首エンジンカウル内に2gのオモリを積むとまた少し大人しくなりました。

ミニカタナやYF-19では後ろ重心気味でもエレベーターが敏感になる位でこんなに暴れたりする事は無かったんですが、本機は翼幅の割に翼弦や全長が短く機体形状も上下で非対称、機体~操舵系の剛性や精度も低いせいか、テールヘビーでは風や反トルク、スラストによって舵を取られやすい気がします。

本日のペラ消費、0本。

スポンサーサイト

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

モーター息つき、結局原因不明・・・

King3エアーウルフのモーター息つきの件で、前回のテスト結果について原因を確認するために以前の状態から進角のみを変更した状態で飛ばしてみました。
風が強くて多少分かり難かったのですが負荷を掛けるとやはり少し息つきを起こしているようでした。

それではとPWMのみを変更して飛ばしてみたのですが今度は負荷に関わらずたまにブブブっと来る感じです。

となると、進角とPWMの兼ね合いによる問題か、ガバナーあたりも絡んでいるのか、全く関係ないところに問題があるか、というファジーな結論になってしまいました。

とりあえずこれ以上の原因究明出来そうにないので、調子良かった設定でしばらく飛ばしてみようと思います。


テストの様子を撮ってもらいました。

風は画面右から4m/s位とASW28で土手ソア出来そうな程で、Kei寅アクロ史上こんな風速は初めてです。

とりあえず風上側でストールターンしようとしたらピッチ抜きが全く足りず、引き起こす前に反対側まで流されてしまいました。

ループの方はまあそれらしいかな?

ハーフフリップで背面に入れてみると、いつもなら軽く上昇出来る位のマイナスピッチは取ってあったんですが強い風に対抗するのにパワーを食われて高度を維持出来ません。

しかしせっかくなのでウルフでメトロへ向けて初めて逆フリップでも起こしてみました。

まさかコレで背面から何かするとは思ってなかったのでマイナスピッチは少なめにしてサーボホーンをギリギリ短くセットしていたんですが、プラスピッチ側に少し調整の為の余裕を取ってあったのでピッチロッドとピッチカーブを調整すればよさそうです。

しかしこの機会にホビキンで買ってあったスラストベアリング入りのメタルバーレスヘッドに換装するのも良いかな、しかしピッチアーム長が変わるのでSK-360は要再設定で少し面倒な事になりそう・・・悩みます。


テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

King3エアーウルフ 飛行中の写真

飛行中の写真を撮ってもらってたので切り抜いてみました。

アップにするとやはりチビサイズの限界が・・・

king3エアーウルフ9

king3エアーウルフ10

king3エアーウルフ2

king3エアーウルフ7

king3エアーウルフ4

king3エアーウルフ1

king3エアーウルフ6

king3エアーウルフ5

king3エアーウルフ3


king3エアーウルフ11

king3エアーウルフ8





テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

菊池渓谷

紅葉を観に熊本県の菊池渓谷に行ってきました、川の右から登って左から降りてくる1時間位の散策コースで次々と凄い風景が現れて面白かったです。

ヤマメの串焼きも美味でした。

DCF_0357.jpg

DCF_0360.jpg

DCF_0364.jpg

DCF_0366.jpg

DCF_0371.jpg

紅葉はこんな感じでもう一息でしたが、そのぶんあまり混まなかったので良かったです。
DCF_0372.jpg

King3エアーウルフのモーター息つき、とりあえず解消

前回、PWM、進角を上げてもモーターの息つきは解消されませんでした。

今回はとりあえず両方下げてPWM12、進角2として変化があるかどうかテストしてみました。

直線飛行からフルピッチでストールターンに向けて出来るだけ高く上昇させてみましたが、何度やっても息つきは出ません。

4分程飛ばしてもう一度やってみましたがやはり大丈夫です。

PWMを下げると「制御周波数が下がり、制御が荒くなるがESCの発熱は低くなる」という事のようなので、PWMを下げて症状が改善されるとは考えにくいと思います。

という訳で高回転高負荷で進角過多になって脱調していた・・・みたいな感じでしょうか???

進角を下げた事でのパワーダウンは・・・体感出来ませんでした、燃費も未確認です。

症状が改善出来る事は分かったので、もう一度PWMを上げてホントに進角が原因だったのか確認してみたいと思います。

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

king3ウルフ、モーター息つき

前回の飛行でアイドルアップの高回転でピッチを掛けた時にモーターが少し息つきを起こすのが気になりました。

これはフライト開始直後から発生し最後まで変わらない感じです。

以前純正モーターの時に、kv値に対してギリギリの高回転設定で、フライト終盤に電圧が下がってガバナー設定回転を維持出来なくなった時にガクガクと激しく息つきを起こしたのですが、この時はPhoenixESCのPWM設定を標準の12から16へ上げると収まりました。

現在モーターはハイペリオンHS2213-3585kv、PWM設定は前のまま16です。

PWMを24に上げてみるも効果なし・・・僅かに悪化したかも。

PWMをアウトランナーモードにするとホバリングでもガクガクと大きな息つきでした。

進角を5から8に上げてみましたがやはり効果無し・・・やはり僅かに悪化したかも。

気温の差も激しいので何とも言えません。

モーターの息つきに見えて実は違うかもしれないし、原因は何なんでしょう???

設定は自宅のPCじゃないと出来ませんが広い所で元気に飛ばさないと確認出来ないし時間が掛かるかもしれません。


久しぶりにスキーしてきました、小さい方の台で真っ直ぐ飛ぶのがやっとでした。

キングス

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

タイヨー零戦DAY3,4

前回のテスト結果から、胴体EPPを削って受信機をギリギリまで前に搭載。

風速3m/s位でちょろっと飛ばしてみると、乱流が少なかったのもありますが縦の安定が良くなり楽に飛ばせるようになりました、今までテールヘビーだったようです。

次の飛行では風速2m/s位。

重心が合ったので垂直上昇も真っ直ぐ上がるようになりました、パワーは有り余っているので余裕で昇っていきます。

次にコブラを試してみると、フラついたので立て直そうとしたところ機首をかなり下げたスピンに入ってそのまま落ちました。

電柱+α位の高度は取っていたのですがエルロンもエレベーターも効きませんでした。

頭から落ちたのですが被害はペラが折れただけで済みました。

高翼面荷重や低翼で起こる悪性のスピンというやつでしょうか、これは危ないです。

初めての体験でしたがミニサイズEPP機でよかったです。

さらにペラを換えて試運転中にセイバーのゴムが切れてペラ&スピンナーを紛失。

その後は快調に飛行。

普通に飛ばして一応スケール機の外観を眺めたり空戦機動の真似したりするぶんには楽しいですが、やはりラダーが欲しくなってきます。

しかし翼面荷重は更に高くなってしまうので悩みます。

本日のペラ消費2本、スピンナー消費1個。

タイヨー零戦

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

*

全ての記事を表示する

プロフィール

Kei寅

Author:Kei寅
King3エアーウルフ、小型発泡機、デコパネ機等の空物ラジコンで遊んでます。

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。