アメーヴァエボ テストフライト

先週から3日間テスト出来ました、3日目は土手で本家アルーラエボ、ウィーゼルとの飛ばし比べとなりました。

一日目:無風
二日目:風速6~9m?
三日目:風速3~5m?



テスト初日はほぼ無風。

すぐに初号機と比べて性能UPしたのがはっきり感じられました。

alulaはペグ要らないと聞いたのでひとまずペグは付けなかったのですが、どうもペグがないと余計な力が入って投げにくいです。

それでもランチ高度は初号機と同じくらいまで上がり、そこからの滞空時間は15秒と1.5倍、明らかに空気抵抗が少ない感じでゆっくりと滑るように滑空します。

全翼グライダーだと良く分かりました、厚さ5mmの範囲内でも翼型成型の効果は大きいようです。

DLでは30g程オモリを積んだ方がランチ高度が上がり浮きもそれほど悪化せずバランスが良いようです。



次にノーズを動力ユニット付きに交換、空力が良いせいか180gの重量にも関わらず小さなC10モーターと5インチペラ、2S460mahでグイグイ昇ります。

モーターを止めてもペラの抵抗はあまり気になりません。



テスト2日目は台風の接近でやや強風、6~9m程?

時折強く吹くと真っ直ぐ立っているのが難しい位です。

風向きは良い感じに土手と真直角だったので動力ユニットは無しで土手ソアセッティング開始。

浮きを優先した無風セッティングでは歯が立たずオモリを70gに。
アメーヴァエボウエイト

乱気流で煽られて戻しきれないと後ろに吹き飛ばされてしまうので、重心位置も前進させて安定性を増やさないとないと飛ばしにくいです。

立っているのも辛い風でこの小さな機体が吹き飛ばされずに前進するのは不思議な感じです。

元がDL機なので土手ソアでも軽いDLで初期高度が稼げます。

しかし少し上空の強い気流を利用しようとすると、合計100g程オモリを積まないと吹き飛ばされそうになります。

この重さではピッチ方向に暴れた時、主翼にかなり大きな力が掛かるのでラフなエレベーター操作に注意し、強いDLもやめといた方が良さそうです。
(あれだけ撓んでよく折れないものだと思います)

機体をASW28に交代すると、さすがにスパン、重量とも倍のASW28は安定していて格段に飛ばしやすいです。



3日目はホドホドの風でやはり土手向き。

まずはグランドで、新設したペグでのDLをテスト。

今回はペグも翼型。
アメーヴァエボDLペグ

投げやすくなったのでまずは軽めのランチで重心や投げ方をいろいろと試していたらランチのショックでレギュレータのコネクタが抜けてノーコン、頭から思いっきり墜落。

ノーズ棒の固定部のPPが割れ、、応急修理はしましたがDLの強い遠心力には耐えられないので、一応動画撮ってから土手ソアに切り替え。

調整を詰めて思いっきり投げればもうちょっと行けそうです。




土手ソアリングではこの風速だとオモリはDLと同じでOK。

モーターグライダー仕様にしておけば風が弱くなっても緊急上昇可能なのでハイキングしなくて済みます。



っとプカプカやっていたらいつものメンバーがやって来て本家alulaやweaselも飛び始めました。

土手ソアでは機体性能の差が高度の差となってハッキリと表れます。

この時の風で一番上を取れるのはalula、次がweasel、アメーヴァモグラは一番下です。

同時に飛ばすと本家が翼型で浮くというのが実際に体感出来ました。

alulaやweaselの翼はけっこう厚くて最大2センチ位ありそうです。

アメーヴァモグラは浮いているだけで結構大変なのに師匠のalulaはループとかして遊んでいます。



alula、weaselを操縦させてもらいましたがアメーヴァとは浮力が全く違います。

alulaは不思議なほど浮きが良く厚翼なのに低抵抗でスピードも出るし、剛性感もたっぷりです。

weaselは強風用の重い機体にも関わらずよく浮きますが、乱暴な切り返しで速度を失うと舵が重くなるので要注意です。

ASW28も投げてみましたが、浮きはweaselと同じ位かな?

安定していて視認性も良いので飛ばしやすいですが一人だけ大きいの飛ばしてると邪魔になっちゃいます。





という感じで飛ばし比べが出来て非常に面白かったです。



本家alulaEVOは高性能で手軽に遊べる楽しい機体なので買って損は無いと思いました。

本家の飛行特性はアメーヴァエボの延長線上だったので、どんな感じか体験するとかDL練習、調整やフライトに慣れる段階で壊してしまわない為にお手軽なデコパネ機で全翼機に慣れておくのは良いんじゃないかと思います。

しかし効率よく揚力を発生して高い揚抗比を得るにはある程度の翼厚が必要なようで、デコパネで作るなら5mm厚ではなく7mm厚を使うか積層してから削り出した方が高性能になりそうです。



土手ソアでは風が強いほどリフトも強いと思っていたのですが、風がビューっと強くなった時浮きが悪くなる事が多いのは意外でした、土手の角度が浅いせいかもしれません。

夢中で土手を上り下りしていたらしっかり筋肉痛になりました。



応急修理後の恐々DLの様子と、alulaとweaselの土手ソア2機同時飛行の様子。




それと久しぶりにミニカタナを飛ばしました。

ジャイロは全部外しましたが、しばらく50g級のSAKURAを飛ばしていて久々に300g級のミニカタナを飛ばしたらとても簡単に感じました。

不安定だけど壊れにくいマイクロ機を墜落覚悟でグリグリ飛ばすのは良い練習になっていたようです。

飛行機を初めた頃は横や対面だと無意識に当て舵が打てなくて、ミニカタナでもエルロンジャイロ切ると怖かったものです。

勢いで新技に挑戦、エレベーター操作だけの「ナンチャッテローリングサークル」半周だけ成功。

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

アメーヴァエボ

アメーヴァエボ表

デコパネ全翼機がDLに耐えられる事は分かったものの初号機の性能はグライダーとしては不十分だった為、性能UPを目指して2号機を製作。

2号機のテーマは翼型成形とフルスパンの動翼。

平面形は間違いないカタチという事でalulaEVOをパチらせて頂きました。

初号機と比較する為スパンは同じ1m、翼弦が長いので翼面積は大きめ。

テーパー翼ですが翼厚はデコパネの厚さ5mmで一定、翼端近くの翼厚比が厚い部分でも5%と超薄翼。

薄翼で抵抗を減らしつつ低翼面荷重で浮きを確保出来ればデコパネでいろいろ遊べると思うのですが、まあダメモトで。

翼型はAG455辺りをイメージして、前縁から25%の所に線を引いて最大翼厚部とし、前後を削ります。

最大翼厚部以後の下面は削らずにフラット、上面はなだらかに成型して後縁は1mm以下に。

飛行中は釣り合いでエレボンが上がるのでSキャンバーになります。




今回翼型の成型で初めてデコパネを水研ぎをしてみました。

水を掛けながら当て木をして150番の耐水ペーパーでこすればかなりザクザク削れます。
(思ったより削れて一部デコパネを盛り直しました)

カッターで控えめに荒削りして30分も水研ぎするとそれらしい形になります。

最後に320番で表面を慣らしました。

水を使わないと摩擦熱で表面が荒れて上手く削れず、削った粉も飛び散ります。


デコパネは表面に高密度の硬い層がありそこに引っ張り応力が残っているようで、表面を削るとそちら側が伸びて反るので、翼上面を多く削るとキャンバーと下反角が付く事になります。

キャンバーはまあ良いとして、下反角はOPP梱包テープで主翼をフルカバーする時に上面を張り気味にして修正しました。

深く考えずに最近のalulaの曲線デザインにしたので梱包テープを張るのが大変でした。


フルスパンの動翼は発泡スチレンの惣菜トレーを繋ぎ合わせて成型後梱包テープでフルカバー。

主翼は2分割で切り出し成型後に5mm幅390mmのカーボンスパーを埋め込んで接合。

主翼上反角はゼロ。



垂直尾翼は着脱式で、軽く上にオフセットして上反角効果を出しています。
(裏返すとオフセットゼロ)

一応姉さんバージョンも製作。
(上反角効果大、たぶん動力有り専用)

アメーヴァエボ姉さん



メカは主翼に埋め込み100均のPPカードで固定、ノーズは100均の12mm×5mmの木の棒をPPカードにゴム止め。

アメーヴァエボメカ部表

アメーヴァエボメカ部裏

アメーヴァエボ裏


PPカードは表面をサンドペーパーで荒してスコッチプラスチック用接着剤を使えば問題無く接着出来ました。

後縁が薄い為剛性が出るか心配でしたが、飛行に差し支えない程度にはなっているようです。

といった感じで完成。

2サーボの主翼を作るだけなので手間もコストもホントに最低限でお手軽です。


テストフライトの巻へ続く~



「アメーヴァエボ」
スパン1m
翼面積0.208m2
無動力仕様重量146g
動力仕様重量180g
ホビキンC10モーター2900kv、GWS5030ペラ、2s460mah

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

YouTubeの手ぶれ補正とFrSkyモジュールの注意点

YouTubeに動画編集機能がある事に気が付いたので、この中の手振れ補正機能を使って過去にUPした動画のうち手振れが気になっていた物を処理してみました。

以前フリーソフトの「VirtualDub」を使って処理した時は切れた端がぶれて見辛かったのですが、YouTubeの処理は端が切れないようにしっかりアップにしてくれていて見やすくなりました。


処理前



処理後






それとTURNIGY9Xに装着しているFrSkyの2.4GHzモジュールですが、、背面に切替スイッチとバインドボタンが出っ張っています。

切替スイッチを誤って動かすと操作出来なくなります。

またプロポを置いたときに置いた場所の形状によってはプロポの重さでバインドボタンが押されてしまいます。

数秒間押すと距離チェック用の弱電波モードに入ってしまい、そのまま飛行させると危険です。

誤操作防止ガードを取り付けましたが、ここはぜひ改善を望むところです。

FrSky 誤操作防止ガード




テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

アメーヴァ DL

アメーヴァの飛行特性が分かってきたところで、ディスカスランチ性能を改善すべく尾翼を変更してみました。

元の形では上側のみ突き出したパイロットフィギュア型尾翼の上反角効果が強すぎたようで、ランチ時に左ヨーイング+ローリングし軌道が大きく曲がってしまっていました。

作り直したalula型尾翼は上下対称で主翼の上反角もゼロ、重心上下位置もセンターなので機体全体の上反角効果はゼロ。

これによりSALで思いっきり投げてヨーイングしてもロールしなくなり、スパンが長く軽い機体なのでロール安定も全く問題無い事が分かりました。




ランチに関してY師匠のアドバイスで、ランチ時に右翼を下げ気味にすると左ヨーイングと釣り合って真っ直ぐ上がるようになりました。

またランチの瞬間に腕の力で無理に加速させず、ウデと機体を一本の棒のようなイメージにして、回転する中でスムーズに加速させるようにすると、少ない力で高く上がるようになりました。

思いっきり腕を振ると心地よい手応えと共に「バシュッ」っと音がして気分は良いのですが、ランチ直後のヨーイングが大きく出て抵抗を受けるそうです。

オモリ無し我流ランチの動画、重心がずれてピッチングしてます


DL横滑り

sekiaiさんのHPにあるランチの最後に素早く振りぬいてヨーイングを消す技は難しくて全然出来ませんでした。

それと20g程オモリを積んでみるとそちらの方がランチ高度が上がり滑空スピードもアップしてトータルバランスが良くなりました。



ここまで何度も全力で地面に叩き付けても耐えてきた機体でしたが、終盤思いっきり投げるとミシミシ言うようになり、重心調整中に叩き付けた時とうとう翼端付け根の一番弱い部分で折れてしまいました。

ameva壊


接着すれば大丈夫だと思いますがデザインを重視した本機のグライダーとしての限界も見えてきました。

到達高度は8m位で滞空時間は約10秒とサーマルと遊ぶには程遠いです、データは取れたのでもうちょっと考えてみます。

しかしこれは良い運動になります。




テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

*

全ての記事を表示する

プロフィール

Kei寅

Author:Kei寅
King3エアーウルフ、小型発泡機、デコパネ機等の空物ラジコンで遊んでます。

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク