スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WALKERA 450 エアーウルフ

エアステージさんで発見、手軽に思い切り飛ばせる450サイズのエアーウルフ、バーレスのフルセットで7万円。
 V450DB5 V450DB52
http://www.rc-airstage.com/product_info.php/products_id/9978
http://www.walkera.com/en1/particular.jsp?pn=V450DB5


いやアチコチ突っ込みたくなりますが、ディテールやカラーリングや電飾なんて後からどうにでもなります。

で、ゴツ過ぎる脚を隠して見てみると、一番重要なボディ本体の造形はかなり良いんじゃないかと。

尖ったノーズ、リアルな形状の尾翼、難しいボディ側面の曲線的なデザインもかなり頑張ってると思います。

グラス成形では難しいエッジやモールドが利いていて、尾翼にはリベットまで再現。

そしてカーボン製のフレームはスケールボディに合わせた変更がしっかりと施されています。

このフレームはモーターを上下どちらにも取り付ける事ができ、ベースモデルではT-REX450と似たメカ配置ですが、追加したフロントロアフレームへバッテリーを移動し、コックピットのスケール化やテールヘビー対策に有利な配置となっています。
(ウチのKing3ウルフとほぼ同じ配置ですね♪)
King3AirWolf中身


ベースモデル
http://www.rc-airstage.com/product_info.php/cPath/287_324_329/products_id/7878

前後脚の荷重もフレームでしっかり支えられ、引込脚の自作も容易でしょう。

バッテリーはボディ底のハッチからラクラク交換。

モナカのボディはテールをバラす事なく脱着出来そうなのでメンテ性も良さげ。

一般的な450サイズなのでT-REX系からの部品流用も利きそう。

窓がクリアじゃないのが難点かな、未塗装ボディとフレームキットが単品で入手できたら嬉しいかも。

現在450サイズではヘリアーティスト製も入手でき、こちらは引込脚標準装備で開口部も大きく扱いやすそうですがボディラインやエッジの仕上がりはやや辛いかな。
http://www.rc-airstage.com/product_info.php/cPath/9_262/products_id/9585

今から新しくエアーウルフを作るならワルケラをベースにすると思います。

謎の5枚ローター、長すぎる固定脚、オリジナルなカラーリング、変な電飾を何とかすればかなり良くなりそう。

ゼロから始めるとしたら10chプロポ、バーレスジャイロまで付いて7万円はお買い得でしょう。

ワルケラ3軸ジャイロの性能は未知数ですが、受信機まで一体でこのコンパクトさは魅力。

せっかくの5枚ローターを活かしてMil-24ハインドも作ってほしいですね。
スポンサーサイト

tag : ラジコン エアーウルフ WALKERA

*

全ての記事を表示する

プロフィール

Kei寅

Author:Kei寅
King3エアーウルフ、小型発泡機、デコパネ機等の空物ラジコンで遊んでます。

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。