「X-Plane9」で再現する「TopGun」の世界

実機シミュレーター「X-Plane9」のリプレイを映画「トップガン」風に繋いでみました。


このSimは本格的な空力シミュレーションによるリアルな挙動が特徴で、実機の飛行訓練用としてFAAから認められているそうです。

着実にバージョンアップを重ねていて「9」は一世代前のバージョンですが、未だに全然遊び尽くせていません。
(最新の物ほどPCもハイスペックが要求されます^^;)

空母への着艦ではILS、AOA、最大着艦重量、ミートボール(光学着艦システム)などについて資料を集めないと正しく着艦できません。

それ以外にも細部は底無しに奥深く、航空管制なんかは理解していません。

グラフィックはそれほど重視されていないといわれますが、条件設定によっては雰囲気も上々?

MIDIで作ったBGM「Danger Zone」を付ければ気分はマーヴェリック!

ちなみにジョイスティックを引っ張り出すのが面倒な時はRC用のUSBプロポコンでやってますが、十分楽しめます。



おまけ: EC135ヘリコプターによる180°オートローテーション

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

*

全ての記事を表示する

プロフィール

Kei寅

Author:Kei寅
King3エアーウルフ、小型発泡機、デコパネ機等の空物ラジコンで遊んでます。

カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク