スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新2軸スラストベクタリングシステム



構想時テールの舵は3軸でラダー機構は絵には描きつつ省略していたのですが、2号機では垂直尾翼を移動してフラットスピンが出来なくなったので作ってみました。

今までエレベーター、エルロンの2軸でしたがテールのエルロンは必要無いようなので今回はエレベーター、ラダーの2軸としました。

最初主翼エルロンは無くテールのエレボンのみだったのですが、ロールの反応がかなり鈍く変な遅れがあり普通に飛行することも困難でした。

それでサーボを足して主翼エルロンを追加し、エレボンは対反トルクミキシングと主翼エルロンが失速する極低速域での補助的なロール制御の目的でそのまま残していました。

しかし反トルクに関しては常時主翼エルロンのヘッドロックジャイロONで良い事が分かり、極低速域からの加速ではペラ、モーターの慣性による反トルクが大きいのでこれはほとんど抑えられず、また2号機では翼面荷重が小さくなり低速、スロットル強で飛行する機会は減りました。

トルクロール、ホバリングはミニカタナでは出来た事がありますが本機では全く出来そうな気配がありません。

エルロンやミキシングに割り振る分エレベーターの舵角も減ります。

という訳でテールのエレボンはエレベーターに変更してラダーを追加する事に。

作動軸は2軸とも1mmピアノ線とノイズレスパイプで、エレベーター軸直下にKing3予備部品のボールリンクを使ったラダーロッドがあります。

サーボはエレボンをやめて片方余った物を、向きを変えて使用。

しかし作用位置が低いのでナイフエッジの起き癖が強く出る事が予想されます。

元のラダーはとりあえずテストの為にそのまま残し、要らないようなら固定する事にします。

エレボンをやめた事で、何かする度にミキシング食いまくるエレボン関係の設定が不要になり、またヘリモード設定を使う事が出来るようになりました。
(これでウチの飛行機は全部ヘリモードになりました)

まず安全の為、FF7ではヘリモードにしか無いホールドスイッチを設定。

それからジャイロの最適感度は速度によって変わるので、ジャイロ感度をピッチサーボチャンネルに接続し、ピッチカーブを使用してジャイロ感度を変化させる設定にしてみます。

エルロン動翼側ホーンは少し大きい物に換えました。



改造が終わり飛行テスト、まずは元ラダーを停止させベクターラダーのみで飛ばしてみます。

舵面が小さい為かフラットスピンでは効きが今ひとつでキレイに回りません。

ナイフエッジでは起き癖が強くてヘッドロックジャイロだけで抑えきれずエルロン操作が必要です。

次に元ラダーも一緒に作動させてみます。

フラットスピンはどうにか回るようになりました。

多少なりとも元ラダーが効いているのか、それともスピンの抵抗が減るせいでしょうか?

ナイフエッジではやはりジャイロだけで起き癖を抑えきれません。

舵角も面積も元ラダーの方が大きいのですが後流中にあるベクターラダーの作用は大きいようです。

下反角を増やす手もありますがこれ以上増やすとロール安定がマイナスになる可能性があります。

ヘッドロックジャイロが効いている限りコントロール出来ると思いますが、失速領域では機体自体の空力安定が物を言いそうだしどうでしょう。

でもアクロ機なんか背面でコブラやフラットスピンをするので意外と大丈夫なものでしょうか。

テールのエルロンは無くても全く問題無しでした。

エレボンに食われない分エレベーター舵角が増えたので(30°→45°)フリップはさらにその場でクルリと回るようになりました。

それから新たに投入したホビキンESCは調子良いです。

King3純正ESCと違って低速も効くし回り出しもスムーズ、ESCのせいで今までそうとう無駄に飛ばし難かったです(^^;)。

ただレビューでBECがカタログ値3Aのところ実測2Aしか無かったとの報告有りなので注意が必要かもしれません。


それからフタバ2.4Ghz「R6106HF」受信機はホビキンジャイロと相性が悪いのか、特定の条件で誤動作するようです。

今回はジャイロ感度機能を使うと感度がある数値で突然大きくなって調整不能、それに感度0でエルロンを打つと感度が変化しました。

予備の同ジャイロと交換し、プロポのモデルセレクトもリセットして再テストしましたが症状は同じでした。

この受信機はGWSのVテールミキサーと組み合わせると誤動作して使えない事もメーカーに確認しましたし、社外機器と相性問題が出やすいかもしれません。

しかしおかげでピッチカーブを利用したミキシングを思いついたので良かったです。

同ジャイロと「R617HF」受信機のKing3ウルフは問題無いようです。


という訳で新2軸システム、見た目の雰囲気と動きは楽しいのですが機能がもう一歩です、サーボは減らして安定性は確保しつつラダーの効きをUPしながら起き癖を減らす方法・・・また悩んでみます♪

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

*

全ての記事を表示する

プロフィール

Kei寅

Author:Kei寅
King3エアーウルフ、小型発泡機、デコパネ機等の空物ラジコンで遊んでます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。