Alulaノーズ新造

去年の話になっちゃいましたがAlulaの機首が墜落により傷んだのでEPPで新造。

Alulaノーズ延長

木のフレームに3mmEPPの皮を被せる構造。

リポ仕様でバラストを積まずに重心を合わせる為、長さを標準の100mmから200mmに延長。

フレームは途中でゴム止め連結してクラッシュの衝撃を逃がす構造に。

EPPの皮はテーバーに切り出して円錐にし、先端を平らにテープ止め。

胴体と皮の接合は印籠とし、機首側はフレームに左右への振れ止めを装着。

Alula延長ノーズ内部

取り付け角をやや上向きにしてクチバシノーズの先尾翼効果を狙ってみました。

見た目が寂しいので鳥目シールをペタリ。

ベリースキッドやオモリが不要になりEPP尾翼の軽量化もあって全備重量は137g。

機首内にはスペースがありオモリの搭載位置やメカ移動にも自由度があるので重くするのは問題無し。

尾翼も2種類の重さの物があるので重心調整に便利。

飛ばしてみるとノーズの表面積増加による抵抗増大はあまり無さそうで滞空時間は30秒弱。

初期テスト時の剥き出し延長ノーズに比べると明らかに低抵抗。

Alula初期テスト

オモリ無しだとランチ高度が多少下がりますが気流に良く反応するのでこれはこれで楽しいです。

オモリを積めばノーマルと変わらない特性、という事は無いだろうけど違いは分からず。

風に煽られて頭から接地してもゴム止め部で引っ込むか脱臼するかでほとんどダメージは無いので、風が荒れている時でも積極的に飛ばせるようになりました。

テレメトリー高度計を積んでみたいけど8ch受信機とハブとセンサーを胴体に収めるのはちょっと厳しそう。

高度計を内蔵した軽量コンパクトな4chテレメトリー受信機が出来たらハンドランチャー大喜びだと思うのですが。

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

*

全ての記事を表示する

プロフィール

Kei寅

Author:Kei寅
King3エアーウルフ、小型発泡機、デコパネ機等の空物ラジコンで遊んでます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク