スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FrSKYテレメトリー追加情報

austinmcconvilleさんから教えてもらったんですが、カスタム9Xをテレメトリー仕様にするのにTTL⇔RS232変換ICを使わなくてもいい非常にシンプルな方法が発表されていました。

彼はFrSKYモジュールの到着を待ってこの方法で改造する予定だそうです。

http://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?t=1510047



さてPhoenix2000をオーディオバリオ作動状態でサーマルに乗せテストする事が出来ました。

オーディオバリオは機能しているようで、サーマルの中では静気流の滑空降下中とは違う音が鳴ります。

音は3段階で、静気流では「ピッ、ピッ、ピッ、・・・」と最弱トーン、サーマルの中ではややハイトーンとハイトーンが混じります。

ハイトーンは上昇中のみのようですがややハイトーンはゆるやかな上昇なのか降下なのかがよく分からず。

現時点ではオーディオバリオの精度は高くはなく、高度表示を見ると上昇しているのに音は無反応の時もあるので表示を見る方が確実。

しかし今後のプログラムの進化に期待が持てます。



それからテレメトリー高度表示の揺れについて、揺れの少ないFrSKY増設ディスプレイでは表示機器側で揺れを平均化している可能性が考えられたので反応速度を比べてみました。

高度センサーを地面から頭上まで持ち上げれば2m高く表示されますが、この時の反応速度がFrSKY増設ディスプレイでは約0.8秒、Open9xでは約0.3秒。

やはりFrSKY増設ディスプレイでは一定時間の平均値を表示しているから安定している可能性があります。

表示の揺れについてはRCメカや配線の配置に大きく影響されます。

揺れを抑える事が出来れば反応速度は速い方が良いので、もう一度配置を見直してみようと思います。

コメント

Secret

*

全ての記事を表示する

プロフィール

Kei寅

Author:Kei寅
King3エアーウルフ、小型発泡機、デコパネ機等の空物ラジコンで遊んでます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。