スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V-22 オスプレイの危険性

RCオスプレイを製作中ですが、その前に実機「Vー22 Osprey」の危険性を考えてみます。

ティルトローターの実用機は今まで存在しなかった訳ですから、その安全性を評価する事はかなり難しいと思われます。

さらにいろんな立場からの極端な意見も飛び交っているのでますます分かり難くなっています。

RC機の機体構成を考えながら感じた事も含めて自分なりにまとめてみると・・・



危険要素:

緊急時はプロペラ破損を覚悟すれば固定翼機モードで滑空着陸が出来ると言われているが、機体重量に対して主翼が非常に小さく、動力を失った場合の滑空には高い速度が必要で緊急着陸は広い平坦な場所を必要とし、実際はかなり困難だと思われる。
(最大離陸重量時の翼面荷重で比べるとV-22の773kg/m2ははあのF-104の686kg/m2よりも大きい。F-104の着陸には前後縁フラップに加えて高圧空気を吹き出す特殊な高揚力装置やドラッグシュートが必要。)

ローターも機体重量に対して直径が小さく回転翼機としてのまともなオートローテーション着陸はほぼ不可能らしい。

連結無しの片発飛行は、プロペラ位置から言って回転翼モードはもちろん固定翼モードでも無理。

という訳で両エンジンもしくは片エンジン+駆動系の何処かが壊れたらほぼ落ちるしかなく、特に低空低速では進路を変える事すら難しそう。

両エンジン停止の確率は非常に低いと言っても、旅客機でも実際に発生している。

両エンジンが離れているので道連れ故障の可能性は低いとの事だが、駆動系を道連れにする危険性は低くならない。

ヘリに比べ低い降下率でもボルテックスリング(セットリングウィズパワー)に入りやすく、これに起因すると思われる事故が実際に発生している。

回転翼、固定翼、転換領域と複雑に変化する特性を電子制御システムで制御している為、操縦は特殊。

運用実績の浅い新しい技術であり機械構造、電子制御共に複雑なのでトラブルの危険は大きく、小さなトラブルも墜落に繋がりやすい。

両翼端に重量物があり、物理的に制御が難しい。



安全要素:

エンジンが片方止まっても連結シャフトと残ったエンジンの緊急出力により安全に着陸できる。

両エンジン停止の確率は非常に低い。
(双発旅客機でも両エンジン停止はほぼありえないものと考えられている)

製造技術、運用技術の発達により致命的なトラブルの確率は非常に少なくなっている。

既存の大型ヘリもオートローテーションは難しく多発エンジンで安全性を確保している。

操縦が難しいと言えば、それぞれの航空機に難しさがある。

構造が複雑と言えば、現在運用されている大型機もみな構造は複雑。

F-16、F-2、ユーロファイター、エアバス等のフライバイワイヤ機も電子制御無しでは飛行出来ないが、何重にもバックアップする事で安全性を確保し運用されいる。

他の米軍機と比較しオスプレイの事故率は平均以下である。



という感じで、オスプレイは複雑な構造でトラブルの可能性は高く、動力を失えばほぼ落ちるしかなく、取扱いや操縦は特殊、20年前の常識や技術で考えれば危険な航空機に思えます。

しかし今の航空機の進歩は技術を発達させる事により危険を克服してきた歴史でもあり、総合的に考えると軍用機としては現状オスプレイが特に危険とは言えないようです。




PC実機シミュレーター「X-Plane」でオスプレイの操縦を疑似体験出来ます。
(所有はX-Plane9)

X-Plane V-22 Osprey

回転翼モードでのホバリングはシングルローターヘリと違い左右非対称の複雑な挙動が無く、電子制御も効いているので安定しています。

着陸進入はモード転換によって飛行特性が変化する中で減速率と降下率をコントロールしなければならず、水平飛行から目標地点でのホバリングに持ち込むのは独特の難しさがあります。

そしてヘリパイロットから不評の飛行機方式のスロットルは回転翼モード時にヘリと操作方向が逆になるので非常に間違いやすく、何度も墜落させました。

そうならないよう訓練はするのでしょうが、これは危ない気がします。

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【V−22 オスプレイ】

RCオスプレイを製作中ですが、その前に実機「Vー22 Osprey」の危険性を考えてみます。ティル

コメント

Secret

*

全ての記事を表示する

プロフィール

Kei寅

Author:Kei寅
King3エアーウルフ、小型発泡機、デコパネ機等の空物ラジコンで遊んでます。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。