スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デコパネオスプレイ改造

デコパネオスプレイにサーボを追加し、フラッペロン動作をチルト連動から独立制御に変更。
P1050602.jpg


さらに尾翼ラダーも追加。
P1050605.jpg P1050606.jpg


動作はこんな感じ。




前回のテストで、VTOLモードでモード転換の為にスピードを上げるとエルロン、ラダーの効きが不十分になる事が判明。

VTOLモードと固定翼モードではエルロンとラダー(ペラ差動とチルト差動)の動作が逆になり転換領域では矛盾が。

風の無い日に直線飛行で一気にこの領域を通過するは可能だと思いますが、飛行条件が限られてしまいます。

前回の転換失敗も、地理上の制約から心理的に焦ってしまい加速が足りなかったのが原因。

なので多少重くなっても、転換領域でもっと十分な操縦性確保を目指す事に。

設定がかなり複雑になりましたがどうにか成立。
V22setting.jpg


今後OA2のバージョンアップにより第2PIDセットや出力CH毎のPID設定が出来るようになれば、ホバリング時のみ3軸AVCS制御にしたり、テールエレベーターにPゲインのみ効かせたりなど、より理想的な制御が出来るでしょう。

プロペラ回転方向はホバリングを考えるなら内回り、転換時は外回りが癖が出にくいと考えられますが、これも飛ばしてみないと何とも言えません。



尾翼ラダーの可動化に伴い減少するエレベーター面積を確保するため、水平尾翼を左右10mmずつ延長。

スポンソンは去年の墜落のあとより実機に近い形状に変更済み。
無題


モーターケーブルの取り回しも変更して主翼前縁がスッキリ。
P1050379.jpg

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

No title

偉く複雑ですね~

Re: No title

こういう設定はOA2が大活躍です!
*

全ての記事を表示する

プロフィール

Kei寅

Author:Kei寅
King3エアーウルフ、小型発泡機、デコパネ機等の空物ラジコンで遊んでます。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。