スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピルエットフリップの練習方法と分解写真

ラジヘリ飛ばすなら一度はやってみたいピルエットフリップ、分解写真でプロセスを追ってみます。



シミュレーターの仕様でスティック操作表示がモード2になっていますが実際はモード1。

練習を始めた頃の動画ですが、2つのうち最初のは360°フロントフリップの中に360°右ピルエットを入れたもの。
(位置固定でピッチ操作は省略)

合計720°(セブンツー)なのでピルフリ7(セブン)と呼ぶ事にします。

メインマスト軸は地面に対して真っ直ぐなフロントフリップ軌道を通り、テールの軌道を球面で表すと下の図のように「∞」型になります。

ピルエットフリップ7軌跡

これをフリップ45°で区切り8ステップに分けて分解写真にしてみます。

ピルエットフリップ7_01
通過点0、演技開始。
傾ける前に一瞬ポンとプラスピッチを入れて高度を少し上げ、演技中の高度低下に備えます。
右ピルエットからエレベーターダウンで演技開始。
通過点1に向けてすぐにエレベーターダウンを抜きつつエルロン左を入れていきます。
演技中機体を常に真っ直ぐ画面奥方向へフリップさせ続けます。

ピルエットフリップ7_02
通過点1、フリップ45°、ピルエット45°
ここでエレベーターダウンとエルロン左が同量。
機体の姿勢をよく見ながらエレベーターとエルロンの量を連続的に変化させ続けます。

ピルエットフリップ7_03
通過点2、フリップ90°、ピルエット90°
ピッチが残っていると機体が移動してしまうので注意。

ピルエットフリップ7_04
通過点3、フリップ135°、ピルエット135°

ピルエットフリップ7_05
通過点4、フリップ180、ピルエット180°、前半終了。
高度が落ちているのでローターが真下を向くタイミングでポンとマイナスピッチを入れて少し高度を上げ後半の高度低下に備えます。
同様に後半も。

ピルエットフリップ7_06

ピルエットフリップ7_07

ピルエットフリップ7_08

ピルエットフリップ7_09
通過点8、フリップ360°、ピルエット360°、スタート位置に戻って演技終了、プラスピッチを入れて高度を保ちます。

最初はカクカクした動きになるかもしれませんが、テールの軌跡も意識しながら各ステップを滑らかに繋ぐとだんだん綺麗に回れるようになります。

比較的簡単ですが、テールの動きが少なく地味です。



ビデオ後半は右ピルエット720°フロントフリップ360°、普通ピルエットフリップと言えばコレでしょう。
(ピルエットは左の方がテールの負荷が少なく一般的かもしれません)

合計値が1080°(テンエイティ)なのでピルフリ10(テン)と呼ぶ事にします。

テールがグルグルと複雑に動きますがメインマスト軸はやはり地面に対して真っ直ぐなフロントフリップ軌道を通ります。

テールの軌道を球面で表すと下の図のように野球ボールの縫い目が2箇所で接するような形になります。

ピルエットフリップ10軌跡

これをフリップ45°で区切り8ステップ(一部補足22.5°)に分けて分解写真にします。

ピルエットフリップ10_01
通過点0、演技開始、右ピルエットから入ります。
演技開始時に一瞬ポンとプラスピッチを入れて高度を少し上げ、演技中の高度低下に備えます。
エレベーダウンのフロントフリップで演技開始、テールは左上へ。
すぐにエレベーターダウンを徐々に抜きつつ、替わりにエルロン左を入れていきます。
演技中機体を常に真っ直ぐ画面奥方向へフリップさせ続けます。

ピルエットフリップ10_02
補足、通過点0.5、フリップ22.5°、ピルエット45°、ここでエレベーターダウンとエルロン左が同量入っています。
0→1でテールは弧を描き手前の地平線から左の地平線へ向かいます。

ピルエットフリップ10_03
通過点1、フリップ45°、ピルエット90°。
ここを境に左エルロンを抜き始め、替わりにエレベーターアップを入れていきます。

ピルエットフリップ10_04
補足、通過点1.5、フリップ67.5°、ピルエット135°、ここでエルロン左とエレベーターアップが同量。
1→2でテールは弧を描き一度やや奥を通ってから真下へ向かいます。

ピルエットフリップ10_05
通過点2、フリップ90°、ピルエット180°。
ピッチが残っていると機体が移動してしまうので注意。
ここを境にエレベーターアップを抜きエルロン右を入れていきます。
テールはS字を描いて奥から手前へ。

通過点2→3でエレベーターアップが強すぎてロータ面の方向がズレています。
3→4で引き続き強めのエレベーターアップを入れて修正します。

ピルエットフリップ10_06
通過点3、フリップ135°、ピルエット270°。
ここを境に右エルロンからエレベーターダウンへ。

ピルエットフリップ10_07
通過点4、フリップ180°、ピルエット360°。
高度が落ちているのでローターが真下を向くタイミングでポンとマイナスピッチを入れて少し高度を上げ後半の高度低下に備えます。
これで前半180°が終了、同じように後半180°。

ピルエットフリップ10_08
通過点5、フリップ225°
4、5でまた回転軸が乱れていますが・・・

ピルエットフリップ10_09
通過点6、フリップ270°
無事戻ってきました。

ピルエットフリップ10_10
通過点7、フリップ315°
もうすぐ完成・・・

ピルエットフリップ10_11
通過点8、フリップ360°、ピルエット720°、スタート位置に戻って演技終了、プラスピッチを入れて高度を保ちます。



最初はスローで各通過点を正しく通過できるよう練習しました。

思わずスティック操作パターン中心に意識を持っていきたくなりますが、それだと回転軸がどんどん乱れて暴走するので実用は厳しいでしょう、スティック操作は全く意識しない方が上手くいきました。

無意識に指が動かない時はシミュレーション速度を落としたり苦手姿勢での基礎練習。

ゆっくりでも連続して回せるようになると、グルグル回しているうちに軌道の乱れのパターンとその修正パターンを体が覚えてくるので、だんだんと速い動きの中でも反射的に姿勢を制御できるようになってきます。

送信機がモード2なら、ここまで細かく姿勢について考えなくても出来るようです。

機体の動きに加えて位置を保つのがまた難しく、ポンとピッチを入れる瞬間の姿勢とタイミングでコントロールするので正面、背面の通過姿勢が特に重要。

これは正、背面ピルエット移動の基礎練習が物を言う部分でしょう、私は全く練習不足です(汗

最初はシミュレーション1/4倍速から始め、1年程でなんとか1倍速で墜落させずに連続して回せるようになったもののまだまだ演技が乱れます、実機で試した事はありません。

練習開始から3ヵ月 400クラス


練習開始から1年 400クラス


練習開始から一年半、600クラス


シミュレーターはフリーソフトのHeliSimRC。
http://chmoffet.blog114.fc2.com/blog-entry-154.html

練習中の身で長々と書いてしまいました、おかしな点がありましたら宜しくお願いします。

(2013/6/20 : 石敢當氏から頂いたご意見により記事内容を大幅に修正、ありがとうございました)

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

パイロ・フリップ

おはようございます。藪 丈二です。

特訓を拝見しました。
びっくりさせられたのは、ずいぶん低高度でのパイロ・フリップができるんですね。

私は、以下の動画で覚えましたが、最初は演技中の高度の低下が大きく、中々うまくいきませんでした。

まだ、実機での演技を行うには実力が伴っていないのと、度胸がないことです。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Ec1Ii43VAZ4

http://www.youtube.com/watch?v=ZjjOe2lz4ow

ちなみに、私のシムは、PhoenixRC Ver4.0.pです。

Re: パイロ・フリップ

藪さんこんにちは

このビデオで言うとピルエットとフリップを90°毎に交互に行う動作からスムーズ動作へ移行するという部分、一般的だと思いますが私はなんとなく馴染めませんでした。

シミュレーション速度を落として連続的な姿勢、軌道を追っていく方が馴染み易かったのですが、まず回転軌道を理解する必要がありました。

しばらくヘリに時間が取れそうにありません、藪さんが実機で成功されるのを楽しみにしています!

もっと良いSimを導入しなければと思いつつ、まだまだHeliSimRCで出来る事も多いと思うのでもう少しこのまま頑張ります。

素晴らしい分析力

こんにちは。ご無沙汰しています。石敢當です。
最近Tiger22さんと操縦について意見を交わしているのですが、このピルフリの分析に興味を持ち書き込みさせて頂きました。
私はスローを利用して練習したことはなく、別の方向からアプローチしましたが、90°毎の分析ではなく、より細かい45°毎とは斬新で、勉強になりました。是非こういう分析をすること・できる事が重要とTiger22さんに伝えたいと思います。
ところで最初のビデオの前半で1フリップ(正面⇒背面 またはその逆)する間にピルエットは360°とありますが、180°ではないでしょうか?定義に詳しくはないですが、いわゆるハーフピロだと思います。また後半は2回転=720°ではなく、540°(ファイブフォーティー)で、180ではピロ高速化が難しいので、一回転余分に回って行う一般的なピルヒリと認識しています。

前後左右にブレているコメントがありますが、これはコレクティブピッチ入れ替えるタイミングがピルフリの軸方向にに向いていない時に行われているのとエルロン(ロール)の操作が遅いのが原因と思います。対策として私は180°ピルフリを高速化する練習とピッチ方向(エレベーター)フリップ毎に止める練習を行いました。これをしっかりやらないと適当なタイミングで行おうとする変な癖がついて、逆方向のピルフリに移行するのが難しく、またピルフリ中に左右切り返しは出来なかったです。私はこれ以外に360°も追加して3種類をセットにして練習しています。360°は常時ダウンフリップになり、180&540がダウン・アップフリップの繰り返しするのとは別ものですが、高速化とコンパクトさを追求する上で試して見ることをオススメします。また是非勇気を出して実機でやってみてください。初めは墜落するでしょうが、所詮Simで出来ても自己満足の脳内パイロットです。左右ピルフリできるようになれば実機でも必ずできます。Kei寅さんは、もう挑戦する段階になっていると思いますよ。実機で出来た時の達成感は最高です。きっと中毒になり、練習も楽しくて止めれなくなります。
PS 個人的理想は180°ピルフリを360°並に速さでできるようになることですが、今のところ夢です。

石敢當さんこんにちは、詳細なコメントとアドバイスありがとうございます!



エルロンとエレベーターのバランスは特定の癖が定着しやすいのを感じています、またスローから速くしていく方法でも高速化練習が重要ですが、練習方法が単調になり進歩が停滞気味でした。

回転パターンを変えたバリエーション練習をする事で技術の幅が広がり完成度、限界速度が上がる訳ですね、また織り交ぜて演技出来ればかっこいいですね。

石敢當さんの演技速度と定点保持にはそういう工夫と積み重ねもあったのですね。

練習は今までビデオ後半のものばかりだったので、ぜひ試してみたいと思います!



「1フリップ」を私は360°としていましたが語意的には「フリップ=ひっくり返す」なので180°が正しいですね、訂正しておきます(汗”

後半の物、540°とはどのようにカウントするのでしょうか?

私はフリップ軌道面を基準としてピルエット角度をカウントしていますが、これはRC AirWorld 誌別冊の記事
(2009年ラジコンヘリフライトガイド、3Dエキスパートになるためのコツ、P022)
「フリップを完成させるまでのピルエットの数は、フライヤーの自由だが、ひとまずフリップの間に360度2回のパターンをイラスト化している」
に倣いました。

この基準で考えると元の姿勢に戻るまでを一周として、8ステップに分けるならフリップ45°とピルエット90°を各8回繰り返す事により1周、フリップ360°、ピルエット720°となります。

540°の方が一般的ならそちらに統一したいと思います。



>もう挑戦する段階になっていると思いますよ・・・

そう言って頂けると自信が持てます、エアーウルフじゃ無謀なので3D用に新しく450を一機組んで・・・またすぐスケールボディを被せてしまう気がします(汗”


No title

こんばんは。改めて軌跡分析を見て、イメージでは分かっていたのですが、図に示せといわれると書けませんでした。今練習中の方には大いに参考になると思います。
さて本題へ
>540°とはどのようにカウントするのでしょうか?
例えば正面ケツホバからダウンフリップ(前転)で開始し、背面になるまでの間にAil(サイドフリップ180°=横転)とRudを入れますよね。その際Rud180ならば背面になった時ケツホバになり、360°なら背面対面ホバになるということです。便宜上この正面⇒背面移行時のElv&Ailフリップ(180°)とRudを1クール目、次の背面⇒正面移行時が2クール目となり、これで開始時の状態に戻るので、1セットです。つまりピルフリは2クール1セットで構成されるということです。とアメリカ人に教えてもらいました。ご理解いただけましたでしょうか?

もう一度まとめると、Elv⇒Ailの順で180°フリップしながらAilと同時にRudを追加し180°ピルエットすると1クール。
これを正面と背面で繰り返せばピルフリ1セット完成。次にこれを連続すればよいことになりますが、どれくらいピルエット(180・360・540・・・)するかで難易度・華麗さが変わります。では無駄なく綺麗にまとめると360がいいと思うのですがいかがでしょう。技術的には180°高速化・コンパクトにする難易度が高く、今回を契機に再び真剣に取り組もうと思います。

参考:私の具体的練習方法
1クールを素早くコンパクトにまとめ、しかもクール毎にピタホバ状態で止める(”止錬”と呼んでます)練習を併用。そして止錬の間隔を段々早めて行き、連続化させることで最終的に前後左右上下動の少ないピルフリホバを目指しました。以前Tiger22さんのところに投稿したビデオ後Sim併用は止めて、実際のヘリ(TREX700E&450)のみで修練しました。これが良かったようで、一気に上達しほぼピルフリホバ出来つつあります(360°版のみ)。したがってKei寅さんレベルにになれば、早めに450クラスでの実地への移行をオススメします。私はもっと不完全な状態で挑戦しましたが、意外と出来ました。遅れると怖くなり、いつまでもできませんよ(私よりお若いですが、人生短いですよ(脅し))。またマイクロヘリはオススメしません。450で出来ればマイクロも出来ますが、マイクロはフリップ練習機で、総合技導入・練習には不向きです。

これがフリー?

連続書き込みです。モード2ですね。右スティック1本のみで円を描くのでイメージしやすく、実際操作する際も円の半径を小さくすることを意識すればコンパクトさを追求できます。モード1ではそれを2本のスティックに分けるとは想像さえも出来ません。みなさんどれでも結局同じだといいますが、モード1が最も才能が要求されると思っています。
ところでSimソフトの件ですが、お使いのフリーソフト試しました。再現性高い!実際ここまで使いこなされているので、もちろん買い換え不要ですし、今の有料版は、大差無く、どうせ実機とは別物の指操作覚えるゲームなので、このフリーで十分。これに掛けるお金を450へ投資すれば、機体のみで2機は軽く買えますもんね。今後はこのフリーシミュを周りに薦めます。Tiger22さんのBlogにあった、お金を掛けず(?)に最短コースで技を習得しているかも。Tiger22さんこの話題を見に来ているかな?
Kei寅さんのスケール機でピルフリを楽しみにしています。こんなことしている人いるのかな?できたらCool。

Re: これがフリー?

なるほど!私はモード1です、確かにアプローチの違いはモードの差が大きいと思います、面白いですね。

モード2ではある意味スティック操作が軌道を教えてくれるようなものですね。

モード1は飛行機のローリングサークル、ループではグルグル動作ですが、ヘリも飛行機も初期段階ではグルグルの方が楽だと思いますが、精度を上げてきっちりやろうとしたら難易度は大差無いような気がします。
(どちらも中途半端なレベルなので何とも言えませんが)

しかし総合的に考えて、もし今始めるならモード2を選びますね。



HeliSimRC、テストして頂きありがとうございます、いろいろなSimと実機700クラスまで経験された石敢當さんのお墨付きがあれば心強いです、シンプルですが基本的な操縦性は良く再現されていると思います。



エアーウルフは大きなループやストールターンが出来る程度のパワー、バーレス化によりフリップレートも確保できたので、シミュでみっちり練習しておけば行けるかもしれません。



軌跡は頭の中だけでは理解できなくて、ピンポン玉に描いて確認しました^^;



回転数は1クールがフリップ180°+ピルエット360°で540°、1周だと1080°(一回転2回捻り)、フリースキーのエア等と同じように縦回転と横回転の合計で数えるという事で良いでしょうか、個人的にはその方式が一番単純明快で良いと思います。

1周だとビデオ前半のはピルフリ720°(セブンツー)、後半のはピルフリ1080°(テンエイティ)。
(細かく言うとピルエットフロントフリップですね)

これらはフリップ軌道がスタート姿勢に対して真っ直ぐなフロントフリップとなりますが、「常にフロントフリップ(エレベーターダウン操作)となる360°」というのは、斜めフリップの一種でしょうか。

止錬、いや止練は2クールの練習に入る時に少しやりましたが、これも完成度UPに効きそうですね、再度見直してみます!



飛行機ではEPPアクロ機の登場により大型ガソリン機の技を誰でも楽しめるようになりましたが、現時点でマイクロヘリはまだその域までは達していないようですね。

マイクロヘリの低翼面荷重化、高精度化、電子制御がさらに進めば大型ヘリに近い3Dをより多くの人が楽しめるようになるかもしれません、今後に期待です。



RCより楽しいものを授かったのでしばらくはまとまった時間が取れず飛行場からも足が遠退きますが、シミュレーターは良い気分転換です。

「人生短い」、しかと胸に留めておきます!

No title

こんばんは。操縦技術の話題はブログでは皆無でしたが、ここで予想もしないアプローチ方法を知り、おかげで新たな視点で、楽しんでいます。

楽しいものを授かったということなので、今しかできないことを楽しんでください。私もRCの優先順位が3番目なので、しかたなく早朝練習などしていますが、歳のせいか間が空くと、腕(指)は、すぐ落ち、つまらないミスが出て来ました。間が空かないように指錬sim復活すべきかも。でもsimは、緊張感無いので、面白くなく、すぐ飽きてしまいます。

ピルフリの定義ですが、上手く伝えるのがヘタですいません。どうも視点が違うと回転角度も違うようです。それだけ複雑な演技ということなのでしょう。いろんなバリエーションを楽しめればいいので、教本の定義に従うことにします。

Re: No title

せっかく説明して頂いたのに理解できなくてすみません、もう少し勉強してみます。

ひとまず記事の各連続写真にピルエット回転数を付け加えました。

回転数の他にフリップ回転軸の向きや縦横回転軸の交差角によってバリエーションは無数にあり、機体の動きは複雑で動きを理解する事すら一苦労、難しくミステリアスな技です。



シミュレーター練習は単調で退屈だという方が多いと思いますが、どうも私はシミュレーターでのフライト自体を楽しく感じるほうなようです^^

No title

おはようございます。
ピルフリまで出来る方はSim面白いですよ。でも実機のピルフリは別格で、超面白い。振り返れば基本練習時はきつかったのでは?

さて各連続写真にピルエット回転数の追加はわかりやすくなりました。折角の素晴らしい記事なので、自身の備忘録というより、ご覧なった方が段階を踏んで理解できるようにすればどうでしょう。そこで大きなお世話の提案です。
1)フリップはElv(ピッチング方向)だけではく、Ail(ロール方向)も少しの時間ズラして行われているので、2種類のフリップを行なっていることを表示する。
というのは、練習中の方が最初に乗り越えなければならない壁が、このロール方向のフリップ追加と思うからです。また基本中の基本は”1クール=ピルエット180°、ピッチング方向フリップ180°、ロール方向フリップ180°”(一番最初のビデオの前半)で、しかもこの2種類のフリップは必ず自分から遠ざかる方向に行っていることを表示。
2)最初のビデオの前半は開始姿勢から1セット完了するまでを回転数で一気に表現されていますが、ピルフリ10(テン)解説のように正面から背面・背面から正面と分けて、1クール目右ピルエット180°フロントフリップ180°左フリップ180°。2クール目右ピルエット180°バックフリップ180°右フリップ180°でどうでしょう。

ここで質問
>ビデオ後半は右ピルエット360°フロントフリップ720°、・・・合計値が1080°(テンエイティ)・・・に関して。
視点が違うのか、右ピルエット720°?フロントフリップ360°に見えます。
私の定義による右ピルエット720°フロントフリップ360°(http://www.youtube.com/watch?v=zhQpiOd8QIw&feature=player_embedded)は、Kei寅さんからは、どう見えますか。ここがお互い理解できていない箇所です。あまり追求するのは、どうかと思うので、これを最後にしたいと思います。
ところで合計回転数の考え方はスケボーみたいで、分かりやすく、Kei寅式として発表されてみてはいかがでしょうか。



Re: No title

スケボーにも造詣がおありとは!
私はスキージャンプ(X-Games等)のファン(運動神経が無いので主に見る方専門)で回転数のカウントはそちらから導入しました、布教活動にご協力をお願い致します^^
スノースポーツもRCヘリと同じようなタイミングでフリースタイルが流行しているのは面白いですね。

Simはお気に入りのボディで場周離着陸やスケール旋回をするだけでも癒されます、「X-Plane」等の実機Simも好きです。
逆に外で実物を飛ばすという事自体は、もちろん楽しいのですがそこまで執着はなく、シミュ練や設計、工作についての答え合わせ的要素も強いかもしれません、答えが合っていると非常に気持ちが良い。
RCの何にどのくらい魅力を感じるのか、人によってツボがかなり違いそうですね、後日研究してみようと思います。

ピルフリ10の回転数に関しては数値が逆でした、訂正しました、ご指摘ありがとうございました!

ご提案1)2)についても、確かにそちらの方がより分かり易くなりますね。
1)については図を強化してみました。
2)についても図と解説を追加しました。
*

全ての記事を表示する

プロフィール

Kei寅

Author:Kei寅
King3エアーウルフ、小型発泡機、デコパネ機等の空物ラジコンで遊んでます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。