スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HobbyKingデジタルノギスの精度

3年前に買ったホビキンのデジタルノギス

ホビキン ノギス

最大測定長150mm、分解能1/100mm、価格$12.99(購入時点)。

ステンレス製(液晶周辺は樹脂製)で全体的にしっかり作ってあり、クチバシの隙間やスライダのガタはありません。

測定値の再現精度は良く、硬い物を測れば毎回同じ値を示します。

またブロックゲージで測定精度を確認したところ、

25mmゲージの測定結果→25.00mm

3個リンギングさせて63mmにしたゲージの測定結果→63.00mm

・・・と、予想に反し分解能の範囲内でほぼ完璧な精度でした。

買ってすぐ液晶の端に表示不良が出たので今まで人にお勧めはしていませんでしたが、分解して基板と液晶の接触圧力を増やすよう調整したらその後は快調、お勧めです。



※ リンギングはブロックゲージのように極めて平面度が高くツルツルな面同士をこすり合わせると、セラミックでもガラスでも鉄でも磁石みたいにピタッとくっついて離れなくなる現象ですが、なぜくっ付くのか未だに分かっていないそうです。

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

*

全ての記事を表示する

プロフィール

Kei寅

Author:Kei寅
King3エアーウルフ、小型発泡機、デコパネ機等の空物ラジコンで遊んでます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。