タイヨー零戦改テスト飛行、DAY1

一応形になったタイヨー零戦改を持って河原へ、風が3m/s位でしょうか、とりあえず草の長い所で飛ばしてみる事にしました。

動作チェックを済ませ、パワー中位で手投げ、いざ大空へ~・・・左に回って落ちました。

まずパワーが強過ぎです、1/3で十分です、それ以上だと反トルクで暴れて抑えられません、エンコンスティックが1/3以下だけでの操作になり難しいのでスロットルカーブを大きく修正しました。

それからエルロン舵角が足りません、エルロンD/R、エンドポイントは不感域直前まで上げてあるので、ジャイロ感度を22%まで上げていくと(→GU-210では舵角がUP)、たまにハンチングが出ますが概ね良い感じになってきました。

プロペラを軽いGWSの5インチにしたので少しテールヘビーかもしれません、次回までに要修正。

それから飛行中主翼がビヨンビヨン撓んで上反角が最大片側40度位付いて大変な事になっています、そんな感じなので風の影響もあり挙動が安定せず真っ直ぐ飛ばすのも難しいです、これも帰って要修正です。

しかしこんな状態でも、余裕のパワーとジャイロのおかげか一応コントロールは出来ました。

反トルクに関してはスラスト角が不足ですが、この強烈な反トルクにスラスト変更で対応すると大変な事になりそうなのでエレベーターとエルロンにミキシングを掛けました。

今回は旋回、ロール、ループ位が精いっぱいですが改良すれば面白い機体になるかも。

2セル850mahで10分位飛びます、しかしグライダー20分は平気ですが本機は5分で疲れます。

何度も落としましたが相手が草ならほぼ壊れそうにないし、運搬もラクラクでお気楽に楽しめる機体ではあります。

といった感じで一日目のテストは終了、改良してみたいと思います。


零戦の調整をしているとMさんという方が来られたのでご一緒しました。

T-REX250でバリバリと3DやF3Cパターンをしておられたのでかなりのベテランの方かと思ったらCCPのハニービーから初めて3年程との事で驚きました。

KING3ウルフも飛ばしながら風の中でのストールターンやピルエットフリップ(の為の基礎練習の始め方)等ポイントをいろいろ教えて頂きました。

T-REX250による実演も交えて教えて頂いたおかげで、初めて540度ストールターンに成功しました。

夏場ウルフは発熱が怖くてあまり飛ばしてなかったので緊張しましたが、ループや背面もチョロチョロっと確認。

ウルフでピルエットフリップに向けて練習したいと思います。

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

先日は有難うございました。

先日はお疲れ様でした。
一人で飛ばすのは寂しいので、ご一緒できて嬉しかったです。
また、色々面白い機体をお持ちなので、見ていて楽しかったしかったです。
期会がありましたら、また宜しくお願い致します。

Re: 先日は有難うございました。

マクさん先日は有難うございました!

あれからシミュもやってみたんですが、やっとピルフリの入り口が見つかった気がします。

今後ともよろしくお願い致します!
*

全ての記事を表示する

プロフィール

Kei寅

Author:Kei寅
King3エアーウルフ、小型発泡機、デコパネ機等の空物ラジコンで遊んでます。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク