スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

King3エアーウルフのモーター息つき、とりあえず解消

前回、PWM、進角を上げてもモーターの息つきは解消されませんでした。

今回はとりあえず両方下げてPWM12、進角2として変化があるかどうかテストしてみました。

直線飛行からフルピッチでストールターンに向けて出来るだけ高く上昇させてみましたが、何度やっても息つきは出ません。

4分程飛ばしてもう一度やってみましたがやはり大丈夫です。

PWMを下げると「制御周波数が下がり、制御が荒くなるがESCの発熱は低くなる」という事のようなので、PWMを下げて症状が改善されるとは考えにくいと思います。

という訳で高回転高負荷で進角過多になって脱調していた・・・みたいな感じでしょうか???

進角を下げた事でのパワーダウンは・・・体感出来ませんでした、燃費も未確認です。

症状が改善出来る事は分かったので、もう一度PWMを上げてホントに進角が原因だったのか確認してみたいと思います。

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

私は電動の事は良くわからないのですが。
エンジンは進角を進めると高回転型だけどノッキングが・・
遅らすとトルク型って覚えてたのですが、合ってるのかな? 自信ないけど、モーターも同じような物なんですね。

ノッキング

え~とエンジンだとオクタン価とか空燃比とかも関係してくるんでしたっけ???

原因については想像の域なんですが、ノッキングを起こしてしまうのは同じかもしれませんねv-355

電動なのにまるでエンジンみたいに息つきを起こしてどうしようかと思いましたが直って良かったです^^

なるほど!

おはようございます。

なるほど、進角を下げる事で症状解消ですか!

これは十分に理にかなっているかもしれませんね。
進角のつき過ぎで高回転域で脱調ということで・・


うちであったモーターの息つきの時はESCが安物で進角調整は出来ませんでした(汗)
細かく設定の出来ないESCではこういった症状が”相性”となるのだと思います。

ブラシモーターでは進角のつけ過ぎはパワーも頭を打ち電流のみ増えてしまう事が多いので、もしかしたら今回の場合も多分適正進角になった事で効率?が良くなっているかもしれませんね。

それにしてもいろいろ考察されて問題を解決される寅さんはすごいです!!

再現テストの結果を楽しみにしています!

このまま無事収まってくれるといいのですが

こんばんは

PhoenixESCといいSK360といい調整箇所が多いのは良いんですが、どういじると実際どう変わるのか理解するだけでも大変です、そこはTT-C2008さんの過去記事を読みながらなんとか、しかしこのメカニカルな部分がまたヘリの楽しみですよね。

ブラシレスはESCと息を合わせないといけないのにその辺のサジ加減は各メーカー任せのようで・・・しかしPhoenix、こういう時のフトコロの広さはさすがですね。

飛行時間は6分程なので燃費が良くなってくれると嬉しいですv-22
*

全ての記事を表示する

プロフィール

Kei寅

Author:Kei寅
King3エアーウルフ、小型発泡機、デコパネ機等の空物ラジコンで遊んでます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。