スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YF-19&その他いろいろ

YF-19


久々のYF-19、今回のテーマはフローティングモーターマウントと新ペラのテスト。

YF-19のペラ音は、ユーロタイガー程ではないですが同じ7インチペラを同じ位の回転数で回すプラマに比べて明らかに大音量。

プラマは総EPP製で振動を吸収するため、3セルの高回転でもとても静かです。

それでYF-19のモーターマウントを梱包材のかなり低密度のEPPブロックから削り出して製作。

フローティングモーターマウント

ちょっと柔らか目ですが、一応フルスロットルで振り回しても異常なし。

で、飛ばしてみましたが結果はほとんど音量変わらず

YF-19の場合E-MAXのモーターはコギングもなくスムーズに回るので音源はモーターではなくペラが空気を切り裂く音がメインで、後流中にある響き易いデコパネがそれを増幅しているようです。

音量は変わりませんでしたがフローティングマウントは衝撃が加わった時の破損防止に役立ちそう。



次にペラを同じ7×6で幅広形状の「TGS Sport 7×6E」(ホビキンで購入)に替えてみると、音量は低下してパワーはUP、消費電力の増加も少なく良い感じ。

(上からAPC7×5E、TGS7×6E、APC7×6、JXF7×6)
7インチペラ4種

フルスロットルの垂直上昇ではAPCよりスピードを保ってグイグイ昇り、より低回転で速く飛ぶので飛行中の回転数が低く静かで、音質自体も尖ったパルスが少ないようです。

取り付けはセイバーと穴径が合わなかったのでアルミパイプでカラーを作り、あとビスを長い物に交換して装着。

「TGS Sport 7×6E」MAX17A、10200rpm
(「APC7×6」MAX16A、11000rpm)

モーター:E-MAX CF2812 kv1534 重量42g
リポ:3セル 850mah 25C ハイペリオンG3



フライトの方は、YF-19はユーロタイガーより軽くて大きくスピードも出るので通常飛行は飛ばしやすいですが、発泡アクロ機やユーロタイガーに慣れていると失速域ではスロットルを吹かしてもエルロンが効かず不安定になるので(それが普通なんですが)、エレベーター、ラダーはグリグリ効くだけに少し気になります。





さて、プラマの受信機フタバ純正R6106HFをYF-19に戻したので、プラマの受信機はフタバ互換OrangeRX8chに替えて起動テストしたところこちらに不具合発生。

ホビキンフタバ互換受信機

電源を入れるとエルロン、エレベーターサーボから「ジー」と異音がしてニュートラル位置へ戻らず。

プロポを操作してサーボを少し動かすとその後は正常に動作し発熱も無いので、起動時のみの異常と判断してそのまま飛行させたところエルロンの小舵が無反応。

大きく操作すると突然ガクンと効く状態で、幸いコントロールは出来たのですぐに着陸。

OrangeRX受信機とHXT500サーボの組み合わせでは、負荷が大きいと動作異常を起こすようです。

ASW28付属のサーボでも異音&異常発熱があったし、OrangeRXは要注意。


〈訂正:ハイスピードーモードになっていたのをノーマルモードに変更したところ直りました、詳しくは次記事〉

現在ASW28にはOrangeRXとHXT900サーボを使用していますが、こちらはプラマより大きなサーボでより小さな舵面を動かしているせいか今のところ異常は感じられず、遠くまで飛ばしても受信性能は問題無いようです。



それとプラマのエレベーター、ラダーサーボは重心位置調整とタワミ防止の為テールに移動していましたが、テストフライトの結果テールヘビーだったのでラダーサーボを前方に戻しました。



それから上記のTGSペラをプラマに付けて回してみると、

「TGS Sport 7×6E」MAX21A、11100rpm
(「APC7×5E」MAX18A、12900rpm)

モーター:TechOne Hobby A2212 1400kv 重量52g
リポ:3セル 850mah 25C ハイペリオンG3

・・・と、YF-19より高回転。

YF-19のE-MAXモーターの方がKV値は大きいのですが、やや小型の為トルク負け気味と思われます。



プラマの飛びはやはり独特で、プラマ以外の機体を旋回させるにはエルロンで機体を傾け、そこで起こる横滑り、それともなうヨーイングにエレベーターを釣り合わせる事で旋回させますが、プラマは横滑りが非常に小さいのでそれではうまく旋回出来ず、それどころか風やちょっとしたトリムずれでバンクと反対方向に曲がっていくので、ヨーイングは機体任せではなくラダーで制御する必要があります。

そしてプラマを思いっきり飛ばしてみて今後の課題が見えてきました。

アクロ機をかっこよく綺麗に飛ばすには、いろんな姿勢できちんと修正舵を打てるようにシミュ練する必要がありそうです。



あとアクロ機が「ギュルピタッ!」っと演技の途中に入れるスナップロールはかっこいいですが、プラマは翼面荷重が軽すぎて失速を利用した高速ロールは無理みたい。

プラマとミニカタナで修行して、いつかはピカピカのスケールアクロ機でかっこよく低空アクロを決めたいもんです。



そういえばプラマってネタ元と思われる機体がいくつかありますが、最有力はコレでしょうか、パルマって・・・www

http://www.rcdepot-jp.com/top_select/top_top_1.html





涼しくなりKing3エアーウルフも久々に元気良くフライト。

全長620mm(ローター除く)の小さなボディで重量811gとプラマやYF-19の倍以上重い為、飛び上がってスピードに乗せてしまえば風の影響は受けにくく、狙ったコース通り綺麗に飛ばしやすいです。
(離着陸やホバリングは風に煽られるので気を使いますが)

飛行機でスタントやアクロで遊んでいたら、いつのまにかキューバン8なんかも怖くなくなってました。

ラジコンヘリの高速飛行の感覚って実際飛ばすまでピンと来なかったですが、ゼロピッチやマイナスピッチでもローター回転面がその大きさの円型主翼のような働きをして飛行機のように滑空や旋回出来るのが今でも不思議な感じがします。





SAKURAには脚が付きましたが、このサイズの機体は1セル、リニアサーボで30g台で作ったらもっと楽しそう。

SAKURA脚付き





あとアメーヴァは主翼を手でグイグイ曲げてキャンバーを大きくしたら滞空時間が5秒伸びて20秒になりました。

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

No title

TGS7×6Eは形状的に低回転高出力の形ですよね。

でもそろそろEDFかな?


アメーヴァ、一気に5秒更新ですか。やっぱ主翼形状も大きく影響しますね。

Re: No title

TGSは見るからに低回転でも空気を良く掻きそうですね。

APC7×6はエンジン用なのでエンジンの特性に合わせて、高回転まで回し回転数で高出力を引き出す事を重視しているのかもしれません。

EDFは今のところリポに優しくないのと、タイヨー零戦改を飛ばしてみてただ飛ぶだけのスケール機というのは好きじゃない事が分かったので、ダクトの特性を生かして面白い飛びが出来そうな機体が作れたら面白そうだな~って妄想してます^^

グライダーとして効率よく揚力を生むには翼厚が薄くとも10%は必要みたいですね。

*

全ての記事を表示する

プロフィール

Kei寅

Author:Kei寅
King3エアーウルフ、小型発泡機、デコパネ機等の空物ラジコンで遊んでます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。