スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テストいろいろ

テストいろいろ

まずはプラマ、エルロンサーボをHXT500(5g)からHXT900(9g)に換装、舵角を35度から40度に増やしたので効果の確認。

換装前はイマイチだったロールスピードが良い感じに、スナップロールも少しそれらしくなりました。



それからミニカタナに手持ちの「E-MAX CF2812 kv1534」を装着してテスト。

スラストはサイドのみワッシャー1枚。

フタバの受信機が全て使用中なのでFrSky4chを搭載、ER9x化するとセッティングはどうせやり直しなのでリバースとトリムとEXPのみ現場でザザっとセッティング、素直な機体なので普通に飛びます。

パワーはTechOneモーターに比べて少し非力ですがゼンゼン行けます、しばらくはコレで。

しかし久しぶりに体重測定してみると2セルで355gもありました。
(カタログ値260~305g)

デコパネで作り直した機首が重いのでそのうちEPPで作り直そうと思います。



それとホビキンから届いたAPCスタイル8×4Eペラをテスト。

ミニカタナとプラマ、それぞれ3セルで飛ばしてみました。

以前使ったパチGWSペラの精度が酷かったのであまり期待してなかったんですが、このペラ良いです。

剛性は本家APCと同程度、精度は本家以上でバランスは概ね合ってました。

アダプターリングも本家より精度が良く、前後とも装着出来るのでプッシャーもOK。

電流値と回転数はAPC7×5EとTGS7×6Eの中間位、飛行特性はよりアクロフライト向き、3セルフライト用のペラはコレで行きます。



アメーヴァにはTurnigy「Plush 6A」ESCを装着、元の15AのESCに比べて9gの軽量化で浮きがUP。



YF-19はペラの取り付けをセーバー留めにしたので確認。







ところで、誕生日プレゼントにAlulaを買って貰ったのですが、どう組むか悩み中。

アメーヴァのテスト結果やAlulaユーザーのレビューから、DL性能を上げるために重量を確保する位なら軽量動力ユニットを積んだほうが軽く仕上がるかもしれません。

アメーヴァのように差し替えで衝撃を吸収するようにしつつ空力カバーで覆えればいいのですが、さてさて。





そして本日ついにカナダから9xプロポの追加基板が到着、ポストに入ってました。

しかし中身を確認したところUSBケーブルが入っていません、ホビキンに続きまた欠品です。

箱に記載された重量は64g(別の場所には65g)となっており小包全体の重量と一致するので確認は出来ます。

購入先に連絡しましたがどうなるやら、年内になんとかなればいいのですが。



ホビキンのペラ欠品の方は今日メールが来て、「調べて出来るだけ早く連絡する」みたいな事が書いてありました。

しかしTurnigy9Xの電池BOXの時はそれっきりだったのでこちらもどうなるやら。

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

No title

Alulaをプレゼントですか、良い奥様ですねぇ。お返しは覚悟して下さいよ。 笑

これから寒くなってくるので、運動になるHLGの方が暖まりそう。

Re: No title

恐ろしや恐ろしや^^;

確かにじっとしてると寒いですね、考えてる折ペラが品切れ中なのでまずはハンドランチでやってみます。
*

全ての記事を表示する

プロフィール

Kei寅

Author:Kei寅
King3エアーウルフ、小型発泡機、デコパネ機等の空物ラジコンで遊んでます。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。