ピルエットフリップ練習1年経過

「HeliSimRC」でピルエットフリップの練習を始めてからカレコレ1年。

未だに実用レベルには達しませんが、なんとかシミュレーション速度を落とさなくても成功するようになってきました。

しかし同じ場所で何回でも安定して回り続けられる位になるまでは実機で試そうなんて考えられません。

ループ、フリップ、ストールターン、背面、キューバン8など、今までこのシミュレーターで練習した技は実機でも違和感無く出来ました、フリーソフトなのに良く出来ていると思います。

初期状態ではドラッグ設定値が大き過ぎてスピードが出なかったりして少しヘンですが、手持ちの機体に合わせてカーブ、ドラッグ、サイクリックレートなどパラメーターを調整するとより実機に近くなります。

Kei寅仕様は大重量、高回転のKing3エアーウルフの特性をシミュレート。





飛行機の方は実機でローリングサークルが汚いながらも一周できるようになり、「FMS」でローリングループに挑戦中。

しかしサークルと比べループは全く別物と言える難しさ。

サークルは演技中一定のリズムで左スティックを回すだけですが(モード1プロポの場合)、ループは変化し続ける重力の掛かり方に合わせて4舵全ての操舵量を調整し続けないとまともに円を描けません。

今まではロール中落ちようとする機首を持ち上げる操作ばかりだったので、ループ頂点からの下りで機首を下に向けていくのは操作が不慣れな上にスピードも増し恐怖。



送信機がモード1だとヘリのピルエットフリップでは操作がややこしくなりますが飛行機のロール系の技は逆に左スティックをグルグル回すだけ。

しかしグルグル操作だと縦と横が分かりにくかったりもして、結局一長一短だと感じます。

左スティックを回すのに最初は「オイッチ、ニィ、サン、シィ、ニィ、ニッ、サン、シィ」と一旦センターに戻して「+」型にしか操作出来なかったのが、最近少しずつ「○」型に回せるようになってきました。


テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

No title

こんばんは。(^^)

ひゃあー、うまいもんですねぇ。
私もこんな風に飛ばしたいものです。
helisim RCでもここまで出来るんですね。
いやいや、よいものを見せていただきました。
とても刺激的でした。

Re: No title

何度もやり直してやっとコレなので実用にはほど遠いですが、一応練習の記録という事で・・・(汗”
最初はゼンゼン出来なくて、「3Dの練習にはちゃんとしたシミュレーターを買わないとダメだ~」とか思ってしまいました^^;
*

全ての記事を表示する

プロフィール

Kei寅

Author:Kei寅
King3エアーウルフ、小型発泡機、デコパネ機等の空物ラジコンで遊んでます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク