スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FrSKYテレメトリー

PHOENIX2000に搭載するFrSKYのテレメトリーシステムをテスト。

テレメトリー送受信機を使うと、とりあえずディスプレイやセンサーを何も繋がない初期状態でも電波が弱まった時の警告アラームが作動します。

今回は電圧計、気圧高度計、光学回転計を搭載。



ディスプレイユニットは送受信モジュールの有無で2種類あるようですが、送受信モジュールは既に装着しているので今回必要なのはディスプレイのみの方。

ディスプレイをマジックテープでプロポに張り付け、ケーブルをモジュールに接続。

ケーブルの保護チューブは熱収縮させてやると取り回しが容易に。

t1 t2

ディスプレイの操作は右、左、真ん中押し込みの3点スイッチが一つのみ。

バックライトは常時点灯。

初期設定で単位を「KPH(km/h?)」「セ氏」「メートル」に設定。

D1 D2

D3 D4

D5 FrSKY telemetry sensors



電圧センサーはハブを介さず直接受信機に接続。
(電圧センサー以外の接続にはハブが必要)

電圧情報はリポのバランス端子両端から取得。

ケーブルを3セル用の2S端子(ややこしい・・・)にハンダ付け。

コネクタを受信機のA2端子に接続し、ディスプレイのA2端子の分圧比を「04」に設定。

間違った所に高電圧を掛けると壊しかねないと思うのでここは取説をよく読んだ方がいいかも。

A1端子の表示は何も繋いでなくてもなにやら電圧が表示されていますが、分圧比設定を弄っても電源電圧とは同じにならず、電源電圧を5v以上に上げるとA1も上がり続けるので受信機電圧でもなく、意味不明なので分圧比設定を「0」にして0表示に。



光学式回転計は普通に蛍光灯に反応するので動作しているようです。



高度計は表示中センターボタンで「電源投入地点を0mとした相対高度」と「海抜高度」を切り替えられるようになっています。

センサーを加圧して確認すると、どちらの表示でも-表示が可能だったのでスロープでも問題無く使えそう。

自宅は海抜35m位ですが、天気が雨で表示は海抜93m、次の日は晴れで海抜10m。

気圧が1hPa下がれば高度が10m位高く表示される計算なので、天気図を見るとだいたい合っているようです。

気圧表示は安定しているのですが気圧センサーを胴体テール部の奥へ入れると数メートル激しく変動、テーパー形状の密閉空間では反響があるのかもしれません。

機体の昇降率を示す昇降計もありますが、サーマルを探すのにコレを見ながらフライトするのは不可能なので音で分かるように出来るといいのですが。
(自作されている方はいらっしゃるようです)

実機のように対気速度計と組み合わせてトータルエナジーの増減を音で教えてくれれば完璧です。



ディスプレイには電流(A)、電力(W)の表示項目があり、ぜひモニターしたい情報ですがそれらしいセンサーも接続端子も見当たりません???



という感じで、配線を繋ぎ、ディスプレイのスイッチで幾つか設定するだけで問題無く作動しました。

重量増は3センサーの場合でテレメトリー追加による増加分が30g程。

センサーハブ、センサー類のスペースが必要で、センサーハブと他の機器を離して設置しないとサーボがガチャつく事があるのも考えるとスペースに余裕の無い小型機では難しいかも。

ウチではPHOENIX2000以外だと辛いですが、なんとか一度ALULAに高度計を積んでランチ高度を測ってみたいもんです。

Phoenix2000 telemetry

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

No title

こんばんは。

もうテレメトリーですか。(^^)
これは外付けテレメトリーのようですが、テレメトリー用のファームウェアを入れて9Xを改造されるご予定はありませんか?

勉強不足でよくわからないのですが、外付けテレメトリーの欠点とかあるのでしょうか?


Re: No title

tiger22さんこんばんは

ホビキンさんにセンサー類が入荷してたのでPHOENIX2000のパーツのついでに取り寄せました。

9Xでの表示については、基板上のICの細い足に半田付けが必要との事で壊さず作業する自信が無いので見送っています。
(それが無くても追加基板壊しちゃっててアップデート出来ないんですが^^;)

9Xで電圧や受信電波強度といった基本情報は表示出来るようですが、高度その他の表示が出来るかどうかは未確認です。

ディスプレイが2つだとテレメトリー情報以外に2系統タイマー等多くの情報を同時に大きく表示出来、飛行中一瞬の視線移動で必要な情報を読むには有利です。

外付けの欠点はディスプレイ、回路、常時点灯のバックライトによる電力消費、それに見た目の後付け感でしょうか。

非テレメトリー受信機との切り替えは背面のスイッチを切り替えるだけですが、無駄な電力消費を避けるため追加ディスプレイのコネクタを抜くのが少々面倒です。

次記事で書こうと思っているのですが昨日初めて実際に使用してみました、モーターグライダーでのサーマルハントでは高度とリポ残量が確認出来るメリットは絶大でした。

しかしヘリで欲しいと思うのはリポ残量の低下をアラームで知らせてくれる機能位でしょうか。

特にマイクロサイズでは重くなったり電力消費が増えたりとデメリットが大きいかもしれませんね。

No title

さっそくありがとうございました。

マイクロヘリではあまり必要ありませんね。
電波法の問題もありますし・・・。(^^)

Re: No title

MiniCPも需要があればエアステージさんが技適取られると思いますが送、受信機と認証2件分で割高にというのはやめて欲しいですねぇ。
*

全ての記事を表示する

プロフィール

Kei寅

Author:Kei寅
King3エアーウルフ、小型発泡機、デコパネ機等の空物ラジコンで遊んでます。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。