スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PHOENIX2000のBEC

PHOENIX2000は9gサーボ(HXT900)を6個も搭載しているのでBECが気になり、消費電流と給電能力を測ってみました。



サーボ直下に電流計を繋いで消費電流を計測してみると

HXT900
無負荷動作時0.24A
ロック時0.56A。

ノーマルサーボ
無負荷動作時0.28A
ロック時0.61A。

HXT500
無負荷動作時0.12A
ロック時0.27A。

待機時電流は全て0.01A以下で計測不能。



BEC給電能力はニクロム線で電流を調整しながら電圧低下を測定、電源は3セルリポ。

TurnigyUBEC3A(MAX5A)の給電能力は
待機時5.2v
3Aで4.6v
4Aで4.2v
それ以上ではサーボにガチャつきが発生。

ノーマルESC(BECスペック不明)は
待機時5v
2.2~2.4Aで4.4v
3Aで4.2v
それ以上では大きく電圧低下。

ホビキンレッドブリック25A(自称BEC3A)では
待機時5v
2.2A時4.6v
それ以上は流れず急激に電圧低下。



TurnigyUBECはほぼ表記通りのスペックが出ていて容量は余裕でしょう。

サーボ6個ともロック電流が流れ続けるような事は通常無いだろうからノーマルESC内蔵BECも実用上問題無い数値だと思われます。

レッドブリックは低負荷時には比較的高電圧を維持するも限界電流は2.2Aとカタログスペック3Aに遠く及ばず、9gサーボ×6個は怖いかも。

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

*

全ての記事を表示する

プロフィール

Kei寅

Author:Kei寅
King3エアーウルフ、小型発泡機、デコパネ機等の空物ラジコンで遊んでます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。